FH9 FiiO

エミライは、FiiO Electronicsから、6BA+1DDのハイブリッド構成フラッグシップユニバーサルIEM【FH9】を販売しました。

中高域に合計6基のBAドライバーと低域に1基のダイナミックドライバーを採用するハイブリッド構成。周波数特性は10Hz~40kHz、インピーダンスは18Ω(@1kHz)。

世界最大級のBAドライバーメーカーである米Knowles製のBAドライバーを採用。高域には、高価格帯のIEMで使用されることの多い「SWFK-31736」を2基採用。中域には、FiiOとKnowlesが「DFK-62035」をベースに共同開発したカスタムBAドライバーを4基採用。

ダイナミックドライバーは13.6mm径で、第2世代ダイヤモンドライクカーボン(DLC)振動板を搭載する。第2世代DLCでは、第1世代ドライバーと比較して磁気回路構造を大幅にアップデートし、13.6mmの巨大なDLC振動板を駆動させるために磁束密度を20%向上した。

筐体には、低域ドライバーの真価を発揮させるという特許技術「S.TURBOテクノロジー」を搭載。「綿密に計算された音導管によって高域成分を適切にフィルタリングすることで、3つに帯域分割されている周波数域間でのスムーズなクロスオーバーを可能にし、優れた周波数特性を実現した」とする。

ハウジングは、純チタニウムからの削り出しで、つなぎ目のないモノブロック構造に由来する高い剛性により、不要な高調波や共振を大幅に抑制するという。

また、独自の「ノッチ・フィルター・キャビティ」構造を搭載。狭いハウジング内に複数基配置されたドライバーユニットが相互干渉することで発生する不要な共振や歪みを防ぐ働きがある。それにより、よりピュアで透明感のあるサウンドを実現したとする。

セミオープン構造を採用することで、フロントキャビティとリアキャビティの空気圧が均一になり、より自然で、広大なサウンドステージを生み出すことが可能になったという。

ユーザーが交換可能な3種類のサウンドフィルターが用意されている。それぞれダンピングとフィルター密度が異なるため3つの異なるサウンドシグネチャーを選択することができる。ブラックのサウンドフィルターは標準装備されており、その他のフィルターはアクセサリーとして付属する。

28本の芯線を8本編組し、合計224本構成とした高純度単結晶純銀素材によるMMCXケーブルが付属する。TPU被覆により絶縁されたケーブルを8本編み込み、極めてピュアな音楽信号の伝達を目指したという。環境負荷の小さい医療グレードのTPU被覆は、長期間使用による黄変や低温環境下での硬化に対する耐性を備える。

プレーヤー側の入力端子は2.5mmバランス、3.5mmアンバランス、4.4mmバランスの交換可能なヘッドホンプラグを備える。

そのほか、キャリングケースやイヤーピース、マグネット式ケーブルクランプ、MMCXアシストツールなどが付属する。

日本オーディオ協会のハイレゾオーディオ認証を取得。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格85,800円前後。

形式インイヤー型イヤホン
ドライバーKnowles製バランスドアーマチュアドライバー×6基
13.6mm径ダイナミックドライバー×1基
周波数特性10Hz~40kHz
インピーダンス18Ω(@1kHz)
感度108dB/mW(@1kHz)
最大入力100mW
ケーブル素材8本組224芯高純度純銀
ケーブル長約120cm
重量(片側)12.8g
付属品8本組224芯高純度純銀MMCXケーブル
音響調整用フィルター3組(ブラック/グリーン/レッド)※黒色を装着済み
キャリングケース
低音重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
バランス重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
ボーカル重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
SpinFitイヤーチップ3組(S/M/L)※Mサイズを装着済み
フォームイヤーチップ2組(M)
フランジイヤーチップ2組(M)
2.5mm/3.5mm/4.4mm交換用プラグ
マグネット式ケーブルクランプ
MMCXアシストツール
クイックスタートガイド
クリーニングブラシ

Follow me!