HD 400 PRO

ミキシング・編集・マスタリング用の開放型スタジオモニターヘッドホン【HD 400 PRO】が、販売されました。

開放型のため自然で正確なリスニング環境を実現した。ゼンハイザーが開発したインピーダンス120Ωのドライバーには、特殊なポリマーをブレンドしたダイアフラムが搭載されており、強力なドライバーマグネットと組み合わせることで、深部まで非常にクリアな低音を実現したとのこと。

再生周波数帯域は6Hz~38kHzで、全高調波歪み(THD)は0.05%以下(1kHz、90dB SPLにて)。音圧レベルは110dB(1kHz、1Vrms)。

ヘッドホンのドライバーはわずかに傾いており、レコーディングスタジオでモニタースピーカーを聴く際に最適な三角形のリスニングポジションを再現。開放型デザインは、密閉型デザインで必要とされる音響構造に邪魔されることなく、自然な音の広がりを可能とする。このふたつの要素により、「ニュートラルで透明感のある、広くゆったりとしたサウンドステージを実現」している。

快適性を追求したデザインも特徴。超軽量フレームがイヤーカップを適切な位置に配置し、圧迫感を最小限に抑えて耳を優しく包み込む。イヤーパッドはソフトなベロア素材で、何時間でもプロジェクトに集中できるという。長時間のミキシングセッションでも耳の調子を保つよう、通気性も充分に確保された。

ケーブルは片側出しで、長さ3mのカールコードケーブル、1.8mのストレートケーブルが付属する。どちらのケーブルもコネクターは3.5mmステレオミニで、6.3mm標準プラグへの変換アダプターが付属する。ケーブルを除いた重さは240g。

空間オーディオ技術により入念に設計された音響効果のバーチャルミックスルームを作り出す、Dear Realityのヘッドホン・モニタリング・プラグインと併用も可能。別売りの「dearVR MIX」のSpatial Headphone Compensation機能にすでに統合されている。

価格はオープンプライス、店頭予想価格は36,300円前後。

Follow me!