32LX7000PJB

直下型32型フルHD液晶テレビ【32LX7000PJB】を3月下旬より順次発売する。

独自のAI機能を搭載した第5世代のエンジン「α5 Gen5 AI Processor」を搭載し、画質を高めると共に、音質も豊かに変換。AIが再生中の映像コンテンツを分析し、映像のジャンルに合わせて自動的に音質をチューニングする「AIサウンド」により、効果音や音楽が大きくて聞き取りづらい登場人物の会話もAIの分析により、明瞭に聞き取りやすくなるという。ステレオサウンドをAIが5.1chの立体的な音響に変換する機能も備え、対応する外部スピーカーに接続すれば「臨場感あふれる音響を提供する」という。

32LX7000PJB

LG独自のプラットフォーム「webOS」の最新バージョン「webOS 22」を搭載し、さまざまなVODコンテンツに対応。

別売のマジックリモコンを使うと、リモコンに話しかけるだけで電源のオン/オフ、音量調整、Web検索が可能。

ファミリーケア設定を使い、子供の視聴時間や音量の制限も可能。ブルーライトを抑えることもできる。

HDR表示も可能。ダイナミックトーンマッピングを強化し、フレームごとにHDR信号を処理するHDR10 Pro、放送などのHLG、 ゲーム向けのHGiGをサポートする。

NVIDIAのクラウドゲームサービス「GeForce NOW」にも対応。テレビと互換性のあるコントローラーを用意すれば、35種類以上のゲームを無料でプレイできる。

テレビスタンドを含むサイズは736×180×464cm(幅×奥行き×高さ)で、重量は4.7kg。消費電力は53W、年間消費電力量は67kWh/年。

店頭予想価格は43,000円前後。

Follow me!