Beats Studio Buds

Beats by Dr. Dreは、完全ワイヤレスイヤホン【Beats Studio Buds】の新カラーモデルとして、サンセットピンク、オーシャンブルー、ムーングレイを追加。これらのうち、ムーングレイとサンセットピンクは先行予約のみとしている。アップルストアや同社オンラインショップ、正規販売店で取り扱われる。

今回の新カラー追加によって、「Beats Studio Buds」は、既存のBeatsレッド、ブラック、ホワイトを加えた、計6色の展開となる。

【Beats Studio Buds】は、「リアルタイムの適応型ゲインコントロールにより、風切音や周囲の音を遮断する」というアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。

2枚の振動板を採用した独自の8.2mmドライバーを搭載。硬質なピストン軸を柔軟なハウジング内に搭載したことで、パワフルでバランスのとれた音響を実現した。デュアルチャンバーの音響構造によって高度なステレオセパレーションを実現しており、周波数カーブ全体で高調波歪率を低減することによって、ひとつひとつの音をクリアに聴きとれるようになっている。Apple Musicでの空間オーディオにも対応する。

周囲の音を聞く必要がある場合はイヤホンに備えられた「b」ボタンを長押しすることで、外部音取り込みモードに切り替え可能。「b」ボタンでは、そのほか通話の応答/終了、コンテンツの再生/一時停止といった操作もできる。

通話では、デュアルビームフォーミングマイクがユーザーの声を認識して風切音や周囲のノイズを取り除くことで、クリアな音声を実現した。

AppleデバイスやAndroidデバイスとワンタッチでペアリング、簡単に接続できる。BluetoothはClass 1で、通信範囲が広く、ペアリングしているデバイスを、どこに身に着けていても、音の途切れが少なく、安定した接続ができるという。左右のイヤホンはそれぞれ個別にデバイスに接続されるため、片耳だけでも使用可能。

イヤホンの再生時間は、ANC/外部音取り込みオフで最大8時間。ANC/外部音取り込みオンの場合は最大5時間。ポケットサイズの充電ケースと組み合わせた場合は、それぞれ最大24時間、最大15時間の再生ができる。Fast Fuel機能により5分の急速充電で最大1時間の再生も可能。

Android用に配信されているBeatsアプリを使うと、ビルトインコントロール、バッテリー残量確認、ファームウェアアップデートといった機能も利用できる。Appleデバイスでは、これらの機能がOSに内蔵されているため、アプリは不要。またiOS端末では「Hey Siri」と話しかけてハンズフリーで音声アシスタントを起動できる。

Apple Storeオンラインでの価格は17,800円。

Follow me!