ThinkReality A3

半透過型のARスマートグラス【ThinkReality A3】シリーズを発売した。ARスマートグラス単体の【ThinkReality A3 PC Edition】と、ARソリューションセット【ThinkReality A3 Industrial Edition】がラインアップ。

【ThinkReality A3】は、プロセッサに「Qualcomm Snapdragon XR1」を搭載。片眼1080pの高解像度ディスプレイに、トラッキング用のデュアルフィッシュアイ、800万画素カメラを採用している。

また、ステレオスピーカーと3つのマイクを装備。センサーは、6DoFに対応しており、ルームサイズの空間トラッキングが可能だ。本体は130gの軽量設計で折りたたみに対応し、持ち運ぶことができる。

ARスマートグラス単体の【ThinkReality A3 PC Edition】は、GPUを搭載したハイエンドなノートパソコンと接続し、バーチャルディスプレイとして利用できるモデル。最大5つの画面表示(要Quadro T1000/GeForce RTX 3000以降のディスクリートGPU。iGPUでは最大3画面)に対応し、スペースが限られた場所でも広い画面領域で作業が可能。

ARソリューションセット【ThinkReality A3 Industrial Edition】は、ハードウェアとソフトウェア、サービスを1つのパッケージ・ソリューションとしたモデル。スマートフォン「motorola edge30 PRO」、アタッチメントパーツの「Industrial Kit」「Industrial Frame」のハードウェアに加え、2つのソフトウェア「ThinkReality Cloud Portal」「holo one sphere」に加え、オンラインサポートがセットになっている。

価格は、ARスマートグラス単体の【ThinkReality A3 PC Edition】が192,500円、ARソリューションセット【ThinkReality A3 Industrial Edition】が544,500円。

Follow me!