「wena 3」×「シン・ウルトラマン」コラボモデル

ソニーは、映画「シン・ウルトラマン」とスマートウォッチ「Wena 3」とのコラボモデル【wena 3 -Ultraman Edition- (WNW-SA21A/B)】を11月7日より、ソニーストア、円谷ショップ、ウルトラマンショップ、BS日テレにて発売する。限定数量1,000台。

映画「シン・ウルトラマン」に登場する組織、通称・禍特対(SSSP)が身につけていることをコンセプトに、時計ヘッド部をデザインしたコラボモデル。バックル部に「Wena 3」を搭載している。

「wena 3」は、「wena」シリーズの第3世代モデルとして、2016年に一般発売を開始したモデル。最薄部6.9mmの腕時計バックル部に、「Suica」をはじめとした電子マネー機能やAmazonが提供する音声サービス「Alexa」、「VO2 Max」の推定などが可能な活動ログ機能を装備。通知の閲覧やタッチ操作を行える、大画面のタッチディスプレイも備えた。

ベゼルは、ウルトラマンのフェイスを想起させるメタリックなトノー型。時針にはSSSPバッジ、分針には空を飛ぶウルトラマンのデザインで、時針、分針ともにディスク針となっている。宇宙を想起させる要素として、月の満ち欠けを表示するムーンフェイズ機構も搭載している。

劇中に登場する主人公 神永新二がウルトラマンに変身する際に使用する「ベータカプセル」の波紋状のボタンモチーフを文字盤や竜頭に設けている。また、竜頭はベータカプセルのボタンをイメージしており、通常時はヘッド部に収納されてフラットなデザイン。時間を調整する際に裏側の溝から引き出して使用する。裏蓋には神永新二のドッグタグの盤面を刻印している。

ヘッドとバンドのデザインバランスが整っているのも特徴。通常のWena 3は、ヘッド部が付け替えられる特徴を持つ一方で、組み合わせによってはヘッドとバンドのデザインが合わないことがあるが、今回のコラボモデルではバンドも特注。ベゼル形状と、厚みのあるラバーバンドをシームレスに組み合わせることで、「現代的でありながら未来や宇宙を感じさせる流線形のフォルムに仕上げた」としている。

専用パッケージも用意。スリーブをスライドさせると、映画「シン・ウルトラマン」のために描き下ろされたスペシウム光線のデザインが現われる。

ヘッド部の連続駆動時間は3年。内蔵電池はSR621SW。精度は±20秒/月。風防はクリスタルガラスで、表面処理はミラー処理+ホーニング処理。ケースはステンレス製。ケースサイズは43.6mm、厚さは10mm。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は68,200円前後。

(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

Follow me!