BT-W4

安定したオーディオ再生や高音質伝送を実現するaptX Adaptiveコーデック対応のBluetoothオーディオトランスミッター【BT-W4】を、直販限定で発売した。

USB-Cポートを搭載したPlayStation 5やNintendo Switchなどのゲーム機、PCやMacのUSB端子に取り付け、手持ちのBluetooth対応イヤホン/ヘッドホンなどと組み合わせて使えるドングル。付属のUSB-C to A変換アダプタで、USB-A搭載のPlayStation 4などにも取り付けられる。

BT-W4

ワイヤレス接続の状態やデータ量に応じて、音声データの伝送レートを自動的に変化させる可変ビットレートのaptX Adaptiveコーデックをサポート。通信状態が良好な場合は、同コーデックに対応する機器へ最大48kHz/24bitの高音質伝送が行える。電波状態が悪化した場合は、ビットレートを下げて音切れを低減し、音質を維持しながら安定した伝送を行う。ほかにもSBCとaptXをサポートしている。

既存の「BT-W3」は併売する。主な違いとして、BT-W3は高音質なaptX HDと低遅延なaptX LLをサポートしていたが、【BT-W4】ではaptX Adaptiveに置き換わり、aptX HD/aptX LLには非対応となった。Bluetooth 5.2に準拠で、通信距離は見通し約50mに強化(BT-W3はBluetooth 5.0準拠、見通し約30mまで)。A2DP/AVRCP/HFPの各プロファイルをサポートし、音声通話にも対応する点は共通。

【BT-W4】では最大4つの機器とペアリングでき、本体のボタンを押すことで、ペアリング済みで接続待機状態になっている機器を順次切り替えられる。なお、「BT-W3」は本体ボタンを押して手動で任意のコーデックに変更できたが、【BT-W4】では接続した機器がサポートする最適なコーデックを自動的に選ぶ仕様になり、手動で変更できなくなった。

新たにPC用ソフト「Creativeアプリ」に対応。Sound BlasterオーディオエンハンスメントのAcoustic Engineでオーディオのカスタマイズをしたり、イコライザーで音質調整したりできるようになった。PC上でのペアリングや接続切り替えの操作にも対応する。

PS5/4のコントローラーなどに差し込んで使える3.5mm 4極アナログマイクを同梱。Nintendo Switchの一部のタイトルがサポートしているゲーム内ボイスチャット機能を使う場合、ゲーム音声がモノラルで再生されてしまうためにHFP機能を無効化する必要があり、「BT-W3」ではファームウェアをPCから書き替える複雑な作業が必要だった。【BT-W4】はその手間を省き、CreativeアプリからHFP機能を無効化できるようになっている。

直販価格は6,800円。

Follow me!