WI-C100

防滴仕様で最大25時間の連続再生ができるネックバンド型Bluetoothイヤホン【WI-C100】を、6月24日に発売する。

従来モデルの「WI-C310」や「WI-C200」よりもバッテリー駆動時間が強化されたほか、新たに圧縮音源の高音域をクリアにする「DSEE」やアプリ「Headphones Connect」に対応。

ネックバンド部のリモコンは、「WI-SP510」同等の凸形状ボタンを採用したことでブラインドユースに優れ、クリック感も向上している。

ドライバーユニットは9mm径の密閉ダイナミック型で、CCAWボイスコイルを採用。音質面では中音域のレベルが上がり、全帯域のバランスを改善。ポーカルがより自然になったとする。アプリに対応したことでイコライザーも利用可能となった。ハウジングにマグネットは非搭載。

立体音響の360 Reality Audio認定モデルで立体音響も楽しめる。GoogleのFast PairやMicrosoftのSwift Pairに対応。SiriやGoogleアシスタントといった音声アシスタントも利用できる。

WI-C100

充電時間は約3時間で、10分の充電で1時間の再生が可能。IPX4相当の防滴に対応しており、外出中の雨や汗でも使用することが可能。

Bluetooth 5.0に準拠で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC。マルチポイント接続は非対応。充電ポートはUSB Type-Cだが、充電ケーブルは付属しない。

製品はプラスチック使用量を5%以下に留め、環境に配慮したパッケージに収められる。重さは約20gで、イヤーピース(SS、M、LL各2個)が付属する。カラーはブラック、ホワイト、ベージュ、ブルー。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,000円前後。

なお、【WI-C100】発売後も、「WI-C310」は併売される。

 

Follow me!