SRS-XE300

ポータブルBluetoothスピーカー「Xシリーズ」として、【SRS-XE300】【SRS-XE200】【SRS-XG300】の3機種を、7月8日から発売する。

いずれも、「高音質かつ大音圧の音楽再生」に対応する「X-Balanced Speaker Unit」を装備しながら、コンパクトで持ち運びしやすいボディを採用したのが特徴。具体的には、スピーカー自体のサイズはコンパクトなまま、振動板の面積を拡大したことで、音圧やボーカルの明瞭さが向上したほか、歪みの少ないクリアな音質を楽しめるとのこと。低域を効果的に増強するパッシブラジエーターも搭載し、「迫力のあるパワフルなサウンド」を実現するという。

【SRS-XE300】【SRS-XE200】は、一般的にコンサート会場などで使用される、線音源を作り出すラインアレイスピーカーから着想を得て開発したという、新技術「Line-Shape Diffuser」を採用。ソニー独自の構造により、広いリスニングエリアを実現する。なお、縦置きにすることで、「Line-Shape Diffuser」の効果を最大限発揮できるとのこと。横置きでのステレオ再生も可能。

加えて、【SRS-XG300】のみ、「X-Balanced Speaker Unit」に加えて、ツイーターを搭載した「2Way Speaker System」を採用。「明瞭度の高いボーカルや豊かな低音を再生する」という。さらに、ツイーターとウーハーが独立したバイアンプの構成によって、低域と高域の分担を明確にすることで、「幅広いジャンルに適した高音質」を実現するとのこと。機能面では、「MEGA BASS」モード、「ライブサウンド」モード、ライティング機能に対応する。

いずれもBluetooth 5.2に準拠で、コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートする。また、3機種すべて、IP67相当の防水・防塵性能を装備。【SRS-XE300】【SRS-XE200】の2機種は、防錆性能も備える。

SRS-XE300

【SRS-XE300】は、ステレオペア再生や、対応する複数台のBluetoothスピーカーを最大100台まで同時接続できる「パーティーコネクト機能」にも対応。スマートフォンアプリ「Music Center」と「Fiestable」から各種操作や設定が行える。いずれも外部入力は非搭載。新機能「外音ノイズセンシング」も搭載。

サイズは105×119×238mm(幅×奥行き×高さ、突起部含む)、重量は約1.3kg(充電池含む)。連続最大時間は約24時間(STAMINAオン時)。カラーは、ブラック、ライトグレー、ブルー。充電用のUSB Type-Cケーブルが付属。

店頭予想価格は24,000円前後。

SRS-XE200
SRS-XE200

【SRS-XE200】は、ステレオペア再生や、対応する複数台のBluetoothスピーカーを最大100台まで同時接続できる「パーティーコネクト機能」にも対応。スマートフォンアプリ「Music Center」と「Fiestable」から各種操作や設定が行える。いずれも外部入力は非搭載。新機能「外音ノイズセンシング」も搭載。

サイズは90×94×208mm(幅×奥行き×高さ、突起部含む)、重量は約800g(充電池含む)。連続最大時間は約16時間(STAMINAオン時)。カラーは、ブラック、ライトグレー、ブルー、オレンジ。

店頭予想価格は18,000円前後。充電用のUSB Type-Cケーブルが付属。

SRS-XG300
SRS-XG300

【SRS-XG300】は、ステレオペア再生や、対応する複数台のBluetoothスピーカーを最大100台まで同時接続できる「パーティーコネクト機能」にも対応。スマートフォンアプリ「Music Center」と「Fiestable」から各種操作や設定が行える。スマホと組み合わせてのハンズフリー通話も可能。

急速充電にも対応し、約10分の充電で最大70分音楽を聴ける。

ステレオミニ入力と、【SRS-XG300】をモバイルバッテリーとして使える給電用USB端子を各1系統装備。

サイズは318×136×138mm(幅×奥行き×高さ、突起部含む)、重量は約3kg(充電池含む)。連続最大時間は約25時間(MEGA BASSモード、音量約24で再生時)。カラーは、ブラック、ライトグレー。USB Type-C一体型のACアダプターが付属。

店頭予想価格は34,000円前後。

Follow me!