【PowerCore III Fusion 5000】は、『PowerCore Fusion 5000』の後継機種です。USB充電器とモバイルバッテリの2つの機能を内蔵する特徴はそのままに、新たにUSB Type-Cポートを装備し、最大18WのUSB PDに対応しました。

独自の給電技術Power IQ 3.0(Gen2)に対応するほか、イヤフォンやウェアラブル機器など向けの低電流モードを搭載し最適化しています。

ポートはUSB Type-CとType-Aを1基ずつ装備していて、前者は5V/3A、9V/2A、後者は5V/2.4Aでの出力が可能です。2ポート同時使用時は、合計最大15Wまでの出力となります。USB Type-Cは、出力専用ポートです。内蔵の折りたたみ式プラグを通じて充電します。

本体サイズは約78×71.5×30mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約176g。【PowerCore III Fusion 5000】という名前ですが、バッテリ容量は5,000mAhではなく4,850mAhとなっています。

Follow me!