INZONE M9

ゲーミングギアの新ブランド「INZONE(インゾーン)」として、ゲーミング液晶ディスプレイ2機種を発表した。ラインアップは、27型4K/144Hz対応モデル【INZONE M9】、27型フルHD/240Hz対応モデル【INZONE M3】。【INZONE M9】が7月8日【INZONE M3】が2022年内販売予定。

「INZONE」は、同社が長年培ってきた、高画質・高音質を追求した独自のノウハウと最新の技術を活かしたシリーズとして展開する。

PCソフトウェア「INZONE Hub」上で、ディスプレイやヘッドセットの各種設定を行える。ゲームタイトルごとに、画質や音質の設定を自動で切り替えることも可能。さらに、PlayStation 5でゲームをプレイする際に適した連携機能「Perfect for PlayStation 5」も備える。

【INZONE M9】の画面解像度は3840×2160ドットで、最大144Hzのリフレッシュレートをサポート。なお、4K120p表示時に垂直解像度が半分に間引かれる事はない。DisplayHDR 600の認証も取得した。加えて、直下型LED部分駆動による高コントラストと色再現性によって「美しいグラフィックを描き出す」という。

NVIDIAのG-SYNC Compatible、VRR(HDMI 2.1)の両方に対応し、パソコンだけでなくPS5の表示でもカクつきを抑えられる。色域はDCI-P3 95%以上で、最大色表示10.7億色を実現。

【INZONE M9】主な仕様は、ピーク輝度(標準値)が600カンデラ、ダイナミックコントラスト比(標準値)が80000:1、視野角が上下左右178度。内蔵スピーカーが2W×2。

サイズは61.5×24.8×47.9cm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.8kg(いずれもスタンドあり)。消費電力は139W。

【INZONE M3】の画面解像度は1920×1080ドットで、リフレッシュレート 最大240Hzをサポート。

バックライトはエッジ型。NVIDIAのG-SYNC Compatible、VRR(HDMI 2.1)の両方に対応し、パソコンだけでなくPS5の表示でもカクつきを抑えられる。色域はsRGBカバー率99%。最大表示色10.7億色を実現。DisplayHDR 400の認証を取得する予定とのこと。

明るい部分の白飛びを抑えながら、暗所の視認性を向上させ、敵を見つけやすく調整するブラックイコライザー機能、クロスヘアや現在のフレームレートを表示する機能も備えている。

【INZONE M3】主な仕様は、ピーク輝度(標準値)が400カンデラ、ダイナミックコントラスト比(標準値)が1000:1、視野角が上下左右178度。内蔵スピーカーが2W×2。

サイズは61.5×24.8×47.9cm(幅×奥行き×高さ、スタンドあり)、重量は未定。

店頭予想価格は、【INZONE M9】が154,000円前後、【INZONE M3】が未定。

Follow me!