INZONE H9

ゲーミングギアの新ブランド「INZONE(インゾーン)」として、ゲーミングヘッドセット3機種が、7月8日より販売する。ラインアップは、NC(ノイズキャンセリング)機能を搭載したワイヤレスモデル【INZONE H9】、NC非搭載ワイヤレスモデル【INZONE H7】、NC非搭載有線モデル【INZONE H3】。

「INZONE」は、同社が長年培ってきた、高画質・高音質を追求した独自のノウハウと最新の技術を活かしたシリーズとして展開する。

ゲーム向けに最適化したソニーの「360(サンロクマル)立体音響」技術である、「360 Spatial Sound for Gaming(サンロクマル スペーシャル サウンド フォー ゲーミング)」を搭載。「プレイ中のシューティングゲームで、壁の向こうや視界の外に標的などが潜んでいても、プレイヤーは、それらをわずかな音でいち早く察知できる」という。

PS5との接続時は、PC用ソフト「INZONE Hub」と「360 Spatial Sound for Gaming」が利用できないため、通常の2chヘッドセットとして動作する。しかし、PS5側には「Tempest 3Dオーディオ」という立体音響技術が既に用意されており、H9/H7でその効果を十分発揮できることが確認されているという。

このほか、幅広のヘッドクッションによって、「頭部にかかる重量負担を分散させる」というのも特徴。イヤーパッドの素材には、【INZONE H9】が遮音性を兼ね添えたソフトフィットレザー、【INZONE H7】【INZONE H3】が肌触りのよいナイロン素材を使用した。

【INZONE H9】は、ハイエンドヘッドホン1000Xシリーズで実績のある、デュアルノイズセンサーテクノロジーによるノイズキャンセリング機能を搭載。

INZONE H9
INZONE H7
INZONE H7

【INZONE H9】【INZONE H7】の主な仕様は、ドライバーユニットが40mm径ドーム型(EDCCAボイスコイル採用)。無線通信は、2.4GHzワイヤレス接続、Bluetoothをサポートする。対応コーデックはSBC/AAC。2.4GHzとの同時接続もできるため、PCのゲームサウンドを2.4GHzで受信しながら、スマートフォンとBluetooth接続し、そちらでボイスチャットをする事もできる。

重量は【INZONE H9】が約330g、【INZONE H7】が約325g。

INZONE H3
INZONE H3

【INZONE H3】の主な仕様は、ドライバーユニットが40mm径ドーム型(CCAWボイスコイル採用)。再生周波数帯域は10Hz~20000Hz、インピーダンスは36Ω(1kHzにて)。重量は約299g。

店頭予想価格は、【INZONE H9】が36,000円前後、【INZONE H7】が29,000円前後、【INZONE H3】が12,000円前後。

Follow me!