HDR801

マクセル独自の映像処理技術「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」をベースにして、「明るさ」、「色鮮やかさ」、「精細感」、「光沢感」を向上して見やすい映像を実現する新映像補正機能「Recolize(リコライズ)」搭載した前後フルHD2カメラのドライブレコーダー【HDR801】が、8月12日に発売する。

マクセルの映像処理技術をベースに「明るさ」「色鮮やかさ」「精細感」「光沢感」を向上して見やすい映像を実現する新映像補正技術「Recolize」を搭載する。

「Recolize」では、高性能プロジェクター等で使用されるマクセルの「ACCENTUALIZER」を採用。カメラで撮った映像情報を、従来のHDR機能では「明るさ」軸を補正するのに対し、「Recolize」では明るさに加え、色鮮やかさ、精細感などを同時に補正することで大幅な視認性向上を実現している。

さらに人間の視覚特性をモデル化した理論「Retinex理論」を映像処理に適用し、映像を人の視覚特性に合わせて補正することで、照明光がない夜間の駐車場や交差点などで、今までは困難であった人の服装の色までもリアルに再現した映像を記録するという。

オムニビジョンの「PureCel Plus-S」を搭載したCMOSセンサーを採用。夜間などの低照度下でもノイズの少ない鮮明な映像を記録できる。記録モードは、常時録画、衝撃録画(Gセンサー)、マニュアル録画、タイムラプス録画に対応。駐車監視モードも備え、別売りの駐車監視・直接配線コード(CDOP-01P)を接続すれば、エンジンオフでも最大24時間の映像記録が可能。

カメラ画素数はフロント・リヤともに200万画素で、録画サイズはフルHD(1,920×1,080ドット)/HD(1,280×720ドット)。レンズ画角は対角158度。フレームレートは28.1fps、F値は2.0。

2.4型のフルカラーTFT液晶も搭載する。8~128GBまでのmicroSDカードに対応し、製品には32GB/class 10のmicroSDカードが付属する。

突起部を除いたサイズと重さは、フロントカメラが66.6×44.4×102mm(幅×奥行き×高さ)、194g。リヤカメラが61.5×23.6×25.5mm(幅×奥行き×高さ)、38g。

価格は58,080円。

Follow me!