MITSUFUjI 03

ミツフジは、スマートウォッチ型ウェアラブルデバイス【MITSUFUjI 03】を8月16日より発売する。なお、すでに販売予定数を超えた受注があるとして、自治体や大手製造業での導入が決定しているという。

SIMを搭載し、LTE通信機能に対応。心拍波形をベースにしたアルゴリズムを装備し、手首に付けるだけで3色のLEDと振動によるアラートで、暑熱リスクを事前に可視化できるのが特徴。なお、医療機器ではないという。

具体的には、着用者は、暑熱リスクのほか、自身のストレス値、コンディション、歩数などを把握できる。いっぽう、管理者はパソコンやスマートフォンを使って、すべての着用者の暑熱リスク、脈拍、ストレス値、体の状態の変化、位置情報、緊急通知、バンドの着脱状況などを遠隔で一元管理できるようになっている。これにより、「作業者の健康を守るための対策や、安全・安心な職場環境の提供を実現する」とのこと。

このほか、仕様面では、バッテリーは充電式を採用し、12時間以上の連続使用が可能。IP67相当の防塵・防水性能を備える。

腕まわりサイズは140~220mm、重量は48g(ベルト含む)。カラーはブラック。

価格は、初期費用が33,000円、月額費用が2,700円/月(1年契約/通信費込み)。

Follow me!