FiiO BTR7

エミライは、DACチップ「ES9219C」と先進のアンプテクノロジー「THX AAA-28」左右独立で搭載し、フルバランス構成により低ノイズ・低歪と高出力を両立した、4.4mmバランス出力対応Bluetoothレシーバー【FiiO BTR7】を8月12日に発売する。

DACチップ「ES9219C」とアンプ回路「THX AAA-28」をそれぞれ2基搭載。MQAのデコードに対応するほか、PCM384kHz/32bit、DSD256のネイティブ再生が可能。

Bluetoothチップは「QCC5124」を搭載し、LDACやaptX Adaptiveなどのコーデックをサポートする。Bluetoothの接続安定性向上のため、特許取得済みのシームレスメタルアンテナも採用している。

出力では、3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による4.4mmバランス出力を搭載する。

連続動作時間は最大9時間で、USBでの有線充電の他に、Qi規格による無線充電方式を採用する。

外部DACとして機能する「ドングルモード」を搭載。一般的なバスパワー駆動タイプのDACと異なり、スマートフォンのバッテリーを消費せずに駆動可能。本体の「CHARGEボタン」で切り替えられる。

FiiO Control Appでの操作にも対応しており、スマートフォンでイコライザーなどの内蔵パラメーターを操作することができる。また、本体のファームウェアアップデートもアプリ経由で可能となる。

サイズは39.6×14.6×83.6mm(幅×奥行×高さ)で、重量は68g。専用設計の人工皮革製の保護ケースが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は34,100円前後。

FiiO BTR7
BluetoothバージョンBluetooth 5.1
BluetoothチップQCC5124
対応BluetoothオーディオコーデックSBC, AAC, aptX, aptX LL, aptX HD, aptX Adaptive, LDAC
DACチップES9219C x2
USBレシーバーチップXMOS XUF208
ディスプレイ1.3インチIPSカラースクリーン
ゲイン設定High/Low 2種類を切り替え可能
ヘッドホン出力端子3.5mmシングルエンド + 4.4mmバランス
出力(32Ω負荷時)3.5mmシングルエンド: 160mW
4.4mmバランス: 320mW
SN比(A weighted)3.5mmシングルエンド: 118dB
4.4mm バランス: 115dB
ノイズフロア(A weighted)3.5mmシングルエンド: 3μV以下
4.4mmバランス: 5.5μV以下
THD+N3.5mmシングルエンド: 0.00055%未満
4.4mmバランス: 0.00048%未満
セパレーション (1kHz/(32Ω負荷時)3.5mmシングルエンド: 75dB
4.4mmバランス:107dB
MQAレンダラー機能搭載
USBポートType C(USB2.0)/データ転送・充電兼用
インライン・リモコンCTIA規格に対応
マイク機能ハンズフリー通話、音声アシスタント起動
内蔵バッテリー容量880mAh
連続使用時間3.5mmシングルエンド: 約9時間
4.4mmバランス: 約8時間
充電時間有線方式:1.5時間
無線方式:3.0時間
無線充電方式Qi規格対応
外形寸法83.6 x 39.6 x 14.6 mm
重量68g
付属品専用保護ケース/保証書/USB TYPE-C to Aケーブル / USB TYPE-C to Cケーブル / クイックスタートガイド

Follow me!