Nothing Phone (1)

英国Nothing Technologyは、Androidスマートフォン【Nothing Phone (1)】を、8月10日から予約販売の受付を順次開始し、8月19日に発売する。

量販店ではエディオン、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、ECサイトではAmazon、ひかりTVショッピング、Nothing公式サイト、MVNOではIIJmio、NTTレゾナントが取り扱う。蔦屋家電+、KITH TOKYOでも展開する予定。

ラインアップは、メモリ8GB+ストレージ128GBモデル、メモリ8GB+ストレージ256GBモデル、メモリ12GB+ストレージ256GBモデルを展開。

ディスプレイに6.55型フレキシブルOLEDディスプレイ(2400×1080ドット)を装備したモデル。60Hz~120Hzのアダプティブリフレッシュレート、および240Hzのタッチサンプリングレートをサポートする。

さらに、400以上の部品で構成した、透明な背面が特徴。900個のLEDで構成するユニークな光のパターンによって、着信先やアプリの通知、充電状況などを知らせる「Glyph Interface」に対応する。

また、SoCは「Snapdragon 778G+」を搭載。カメラ機能では、アウトカメラは5000万画素メインカメラ(F1.88)+5000万画素超広角カメラ(F2.2)で構成。インカメラは1600万画素(F2.45)。OSは「Nothing OS」(Android 12)を採用する。

このほか、バッテリー容量は4500mAh。IP53相当の防水・防塵性能も装備。セキュリティ機能は、ディスプレイ指紋認証、顔認証の利用が可能。

サイズは75.8×8.3×159.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は193.5g。カラーは、ホワイト、ブラック。

価格は、メモリ8GB+ストレージ128GBモデルが63,800円、メモリ8GB+ストレージ256GBモデルが69,800円、メモリ12GB+ストレージ256GBモデルが79,800円。

大きさ159.2 × 75.8 × 8.3mm
重さ193.5g
SoCQualcomm Snapdragon 778G+
OSNothing OS(Android 12)
メモリーと内蔵ストレージ8GB + 128GB
8GB + 256GB
12GB + 256GB
ディスプレイ6.55インチ フレキシブルOLED(2400 × 1080)
Corning Gorilla Glass
120Hz駆動
アウトカメラメイン:50MP(ソニーIMX766)F値1.88
センサーサイズ1/1.56インチ
OIS、EIS

超広角:50MP(サムスンJN1)F値2.2
センサーサイズ1/2.76インチ
画角114度
フロントカメラ16MP(ソニーIMX471)F値2.45
センサーサイズ1/3.1インチ
バッテリー4500mAh
33W有線充電
15Wワイヤレス充電(Qi)
5Wリバースチャージ
SIMカードデュアルSIM(nano-SIM)
5Gn1、n3、n5、n7、n8、n20、n28、n38、n40、n41、n77、n78
4Gバンド1、2、3、4、5、7、8、12、17、18、19、20、26、28、32、34、38、39、40、41、66
Wi-FiWi-Fi 6、802.11 a/b/g/n/ac/ax、2.4G/5G デュアルバンド
BluetoothBluetooth 5.2
FeliCa非対応
NFC対応
防水防塵IP53
生体認証顔、指紋(画面内)
ソフトウェアサポート3年間のAndroidアップデート
4年間のセキュリティパッチ適用(2カ月ごと)

Follow me!