AndroidTV機能搭載 4Kチューナーレス スマートTV

ドン・キホーテは、オリジナルブランド「情熱価格」より、4Kモデル【AndroidTV機能搭載 4Kチューナーレス スマートTV】、およびフルハイビジョンモデル【AndroidTV機能搭載 フルHDチューナーレス スマートTV】を、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で8月19日から発売する。

前モデル「AndroidTV機能搭載 チューナーレス スマート TV」は、2021年12月の発売から約1か月で、初回生産分6000台がほぼ完売したいう。さらにその後、販売台数は累計で15000台以上にのぼるとのこと。

「幅広くサイズを展開ほしい」「もっと高画質のモデルを発売してほしい」といったユーザーの声に応えたラインアップ。

いずれも「あえてテレビチューナーを外した」というのが特徴。OSにAndroid TV向け「Android 11」を採用し、インターネットでの動画視聴に適している。画面解像度は、4Kモデル(50V型、43V型)が3840×2160ドット、フルハイビジョンモデル(32V型、24V型)が1920×1080ドット。

共通の仕様として、インターフェイスは、HDMI×3(HDMI3:ARC&CEC対応)、USB×2、光デジタル×1、LAN×1、AV-IN×1、ヘッドホン出力×1を装備した。

【AndroidTV機能搭載 4Kチューナーレス スマートTV】は、43型【TSM-4301U4K】と50型【TSM-5001U4K】がラインアップ。

CPUとして、クアッドコアのARM Cortex Advancedプロセッサを搭載。YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixなどの視聴が可能。Google Playもサポートする。

主な仕様は、アスペクト比が16:9、コントラスト比が5000:1、輝度が200カンデラ、応答速度が9.5ms。

50型【TSM-5001U4K】のサイズは1118×239×696mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約9.3kg。消費電力と年間消費電力量は、113W、約168kWh/年。

43型【TSM-4301U4K】のサイズは961×197×606mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.7kg。消費電力と年間消費電力量は、78W、約114kWh/年。

価格は、50V型【TSM-5001U4K】が43,780円、43V型【TSM-4301U4K】が38,280円。

【AndroidTV機能搭載 フルHDチューナーレス スマートTV】は、24型【TSM-2403F2K】と32型【TSM-3201F2K】がラインアップ。

CPUとして、クアッドコアのARM Cortex Advancedプロセッサを搭載。YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixなどの視聴が可能。Google Playもサポートする。

主な仕様は、アスペクト比が16:9。コントラスト比は、32V型が3000:1、24V型が1200:1。輝度が180カンデラ、応答速度が8ms。

32V型【TSM-3201F2K】のサイズは730×171×477mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.4kg。消費電力と年間消費電力量は、48W、約50kWh/年。

24V型【TSM-2403F2K】のサイズは551×172×374mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.4kg。消費電力と年間消費電力量は、38W、約46.2kWh/年。

価格は、32V型【TSM-3201F2K】が27,280円、24V型【TSM-2403F2K】が21,780円。

Follow me!