DENON HOME 250

デノンは、音楽ストリーミングサービスの楽曲を単体で再生できるネットワークスピーカー【DENON HOME 250】の新色ホワイトを、8月26日に発売する。

これまでカラーはブラック1色だったが、新たにホワイトを追加。柔らかなグレートーンのファブリックを採用し、「明るい色調のインテリアにも、落ち着いた色合いの部屋にも上品に、そして自然に調和する」という。

カラー以外の主な仕様に変更はなく、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz / 5GHz)の無線LAN機能とEthernet端子を備え、独自のネットワークオーディオのプラットフォーム「HEOS」を搭載。さらに、Amazon Alexaによる単体での音声コントロール(Alexa Built-in)に対応し、直接声で呼びかけるだけで、スマホを使わずに声で操作できるようになっている。

Amazon Music HD、Spotify、AWA、SundCloudなどの音楽ストリーミングサービスのほか、インターネットラジオ(TuneIn)にも対応。AirPlay 2やBluetooth経由のワイヤレス再生、ローカルネットワーク上のミュージックサーバーやUSBメモリーからのハイレゾ再生にも対応する。

デノンHi-Fiコンポーネント譲りの「ピュアでパワフルなサウンド」を追求。コンパクトかつ高剛性なエンクロージャーにステレオスピーカー(カスタムメイドの20mmドームツイーター×2、102mmコーンウーファー×2)を内蔵し、1台で広がりのあるステレオサウンドを再生できるようにしている。背面には低音を強化する133mmのパッシブラジエーターを配置した。アンプ部の最大出力は、ツイーターが18W×2ch、ウーファーが22W×2ch。消費電力は26W。

サイズは295×120×217mm(幅×奥行き×高さ)、重さは3.7kg。

価格はオープンプライス。

Follow me!