Enduro 2

ガーミンジャパンは、ソーラー充電のマルチスポーツGPSウォッチ【Enduro 2(エンデューロ2)】を、8月25日に発売する。

「Enduro」シリーズは、ソーラー充電によるGarmin最高クラスのバッテリー寿命と高性能パフォーマンス機能を備えた、ウルトラランなどに挑むアスリート向けのGPSウォッチ。【Enduro 2】は、ソーラー充電によるバッテリー性能をさらに強化した。

ソーラーパネルの表面積を最大化し、GPSモードで稼働時間約150時間(50000ルクスの条件下で、1日3時間の屋外使用と終日着用を想定)を実現。堅牢かつ70gという軽量なボディに加え、腕にフィットする軽く伸縮性のあるナイロンバンドが、レースパフォーマンスの最大化をサポートする。

機能面では、ナビゲーション機能は、新たにGNSSマルチバンドテクノロジーに対応し、2周波数帯の受信が可能(L1信号・L5信号)。バッテリー稼働時間を犠牲にすることなく位置情報の精度を上げる、自動GNSSマルチバンドモードも搭載した。

国土地理院の地図をベースとした「日本詳細地形図」がプリロードされているほか、海外大陸地図の無償ダウンロードも可能。

さらに、ウルトラレースに対応する先進機能が進化。次の分岐地点までの距離表示をしてくれるNextForkマップガイドだけでなく、さまざまな地形に沿って勾配調整されたペースの指標を追加し、エイドでの休憩時間も記録できる。

また、ペース配分のガイダンスだけでなく、素早くレースプランを変更できるオプション機能を追加した「PACE PRO」、頻繁に変化する地形で行うトレイルランのアクティビティでもより精度の高い測定が可能になった「VO2 Max」、スタミナとパフォーマンス強度の関係を現在のペースで「あとどれだけ走れるか」などで可視化する「リアルタイムスタミナ」といった機能も備える。

このほか、スポーツ機能では、従来の「ウルトラランアクティビティ」に加えて、アドベンチャーレーシングワールドシリーズ(ARWS)公認の「アドベンチャーレーシングアクティビティ」を追加し、40種類以上のスポーツに対応。持久力やスタミナなどの高度なパフォーマンス指標により、「トレーニングを次のレベルに引き上げるサポートする」とのこと。

バッテリー稼働時間は、スマートウォッチモードが約34日間 + 約12日間(※1)、GPSモードが約110時間+約40時間(※2)、マルチGNSSモードが約78時間+約18時間(※1)、マルチGNSSマルチバンドモードが約68時間+約13時間(※2)、バッテリー最長モードが約264時間+約450時間(※2)、Expeditionモードが約77日間+約95日間(※1)。

ディスプレイは1.4型カラー(280×280ドット)でタッチ対応、ベゼルはチタン素材。本体はアメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810」準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性に準拠する頑丈性を持つ。夜間のランニングや緊急時のSOSに役立つ高輝度LEDライトも内蔵。防水性能は10等級(100m)。

このほか、各種スポーツのアクティビティ計測、心拍・血中酸素トラッキング、睡眠モニタリング、ストレスチェック、消費カロリーなどを搭載。日常生活向け機能としては、Suicaによる電子決済機能、約2,000曲の音楽ファイル保存・再生、スマートフォンの通知表示などをサポートする。

サイズは51×15.6×51mm(幅×奥行き×高さ)、重量は70g(ケースのみが64g)。取り替え用Blackシリコンバンドを同梱する。

価格は165,000円。

(※1)ソーラー充電、50000ルクスの条件での使用を想定

(※2)ソーラー充電、50000ルクスの条件下で1日3時間の屋外使用と終日着用を想定

Follow me!