W220T

EDIFIER INTERNATIONALは、Snapdragon Soundをサポートし、最大96kHz/24bitのハイレゾサウンドをワイヤレス再生できる完全ワイヤレスイヤホン【W220T】を8月22日に発売する。

イヤーピースなしで、軽く耳に挿し込んで使うハーフインイヤー構造の完全ワイヤレスイヤホン。人間工学的アプローチによって外耳道の圧迫を軽減し、軽快な装着感を追求した。

QualcommのSoC「QCC3056」を採用し、ワイヤレス・オーディオプラットフォーム「Snapdragon Sound」をサポートしている。対応スマートフォンと組み合わせることで、ハイレゾ相当の最高96kHz/24bitでのオーディオ伝送や超低遅延などを実現する。

13mm径の液晶ポリマー複合振動板を採用した大口径なダイナミック型ドライバーを搭載。低域を強化したほか、Uniforce技術により歪み率を0.5%に抑え、低域の描写力と忠実な再現性を確保したという。

左右イヤホンに各2基のマイクを搭載。通話品質も高めており、サンプリング周波数32kHzと従来技術に比べて帯域が広い「aptX Voice」に対応。通話ノイズキャンセリング技術のcVc 8.0も活用して環境雑音を低減する。

軸部の感圧センサーで、指でつまむようなかたちで各種操作が可能。専用アプリ「Edifier Connect」(無料)でダブルクリックやトリプルクリックに割り当てる機能のカスタマイズが行えるほか、バッテリー残量の確認やサウンドモードの選択もできる。

aptX Adaptive対応デバイスと組み合わせると、システム全体で音の遅延を最大89ミリ秒に抑えるローレイテンシーモードに自動で切り替わる。非対応デバイスでも、手動でゲームモード/ローレイテンシーモードに切り替え可能。

Bluetooth 5.3に準拠で、対応コーデックはaptX Adaptive、aptX、SBC。

連続再生時間はイヤホン単体で6時間、充電ケース併用で最大24時間。15分の充電で120分再生可能な急速充電もサポートする。本体はIP54の防塵防水性能を備える。

重さは42g。USB-C充電ケーブルなどが付属する。カラーはブラックとホワイトの2色。

価格はオープンプライスで、店頭価格は7,990円前後。

Follow me!