DX170

MUSINは、iBasso Audioのポータブルオーディオプレーヤー【DX170】を8月26日に発売する。

ミドルレンジのポータブルプレーヤー。ヘッドホン出力として4.4mmバランス端子と3.5mmステレオミニを備え、シャープ製の5型フルHD液晶ディスプレイを搭載。SoCにRockChip製「RK3566」を採用し、同社のミドルレンジ製品としては初となるAndroid 11 OSを搭載している。

iBassoの上位プレーヤーと同様に、独自のオーディオ処理技術「FPGA-Master」テクノロジーを採用。Cirrus Logic社製DACチップ「CS43131」をデュアル構成で搭載。最大384kHz/32bitのPCM再生や、最高11.2MHzまでのDSD再生(同軸デジタル出力時はDoP方式で5.6MHzまで)に対応。MQA 8xデコードもサポートする。

「FPGA-Master」は、オーディオシステムのコントローラとして、SoCから直接オーディオデータを要求し、信号再生とシグナルインテグリティの維持に大きな役割を果たす。また、2基のNDK(日本電波工業)製フェムト・クロック水晶発振器を使ってマスタークロックを生成・管理することで、ジッターを抑えてデジタルオーディオをクリーンな状態に保つとする。

DACチップは、高いオーディオ品質を謳う「MasterHIFI」ラインのものを2基搭載。130dBのダイナミックレンジと、-115dBのTHD+Nを実現した。同チップの性能を引き出すために、オペアンプ+バッファ構成のアンプ回路を採用しており、アンバランス/バランス接続に関わらず透明感の高さを感じさせ、録音時の臨場感や熱量をリアルに再現するという。

最大出力電圧は、4.4mmバランスが6.4Vrms、3.5mmステレオミニが3.2Vrms。周波数特性は10Hz〜40kHz±0.15dB。SN比は4.4mmバランスが130dB、ステレオミニが125dB。

Android 11を搭載し、自由にアプリをインストールできる。従来機同様に、Android OS標準のSRC(Sample rate converter)をシステムレベルでバイパスする仕組みを備え、オリジナルレートで音楽再生を可能にした。

容量32GBのストレージを内蔵するほか、最大2TBまでのmicroSDカードが使えるスロットを備え、容量拡張にも対応する。メモリは2GB。

5型/1,920×1,080ドットのシャープ製全面ディスプレイを搭載。ベゼルレスデザインのボディにはCNC加工のアルミニウムシャーシを使い、各カラーにあわせたアルマイト処理を施した。背面には湾曲したすりガラスのバックパネルを装備。内部にはケイ素鋼を素材に使った特製シールドカバーを配し、Bluetooth送信などに悪影響を及ぼす電波と磁場の干渉を防ぐ。

インタフェースはUSB Type-Cで、USB DACモードも利用可能。PCM 384/32bit、DSD 5.6MHz(DoP方式)の再生に対応している。IEEE 802.11b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)準拠の無線LANのほか、Bluetooth機能を備え、送信時のコーデックはLDACとaptXに対応。AAC、SBCもサポートする。

容量3,200mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、QC3.0やPD2.0、MTK PE+といった3種類の急速充電規格により、最速で約1.5時間。

サイズは124.5×70×15mm(縦×横×厚さ)、重さは約165g。USB Type-CケーブルやTPUケース、スクリーンプロテクターなどが付属する。カラーはブラック、ブルー、グレイの3色。

価格はオープンプライス。

Follow me!