RS-HD2HDA2-4K

ラトックシステムは、HDMI信号を光デジタルやアナログで 出力できるHDMIオーディオ分離器【RS-HD2HDA2-4K】を発売した。

ゲーム機などの映像出力機器とモニターなどの表示機器の間に接続し、3.5mmステレオミニまたは光デジタル端子を通じて音声を分離できるHDMIオーディオ分離器。

HDMI入力を持たないアンプやスピーカーに接続し、「ゲーム」「テレビ」「映画」などを大迫力のサウンドで楽しむことができる。

「ASTRO MixAmp」での動作も確認済みで、ゲームとボイスチャットの音量を調節したり、FPSゲームの足音が聞こえやすくなるようカスタマイズするなど、様々な場面で活躍するとのこと。

4K/60Hzや1080p/240Hzの高解像度または高リフレッシュレート信号のほか、HDCP 2.3、HDR10に対応。ARC(Audio Return Channel)や、光デジタル端子ではDolby DigitalやDTSもサポートする。

サイズは約60×77×21mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約120g。

価格はオープンプライス。

Follow me!