MA910S

アユートは、「Maestraudio』(マエストローディオ)」から、新開発グラフェンコートダイナミックドライバーとパッシブ型セラミックコートツイーター「RST」を組み合わせた有線イヤホン【MA910S】9月16日に発売する。

Maestraudioは、オーツェイドがintimeブランドで培った「セラミックオーディオテクノロジー」を、より高度にブラッシュアップしたという新IEMブランド。振動解析技術、高度な音響解析技術、セラミック設計技術を駆使した構造を日本国内で組み上げることで、高い品質を提供し続けるという。

第1弾モデル【MA910S】には、同ブランド製品専用に開発/チューニングを行なった新開発の10mm径グラフェンコートダイナミックドライバーと、9mmのパッシブ型セラミックコートトゥイーター「RS(Reactive Sympathetic Tweeter)」を1基ずつ搭載する。

セラミックオーディオテクノロジーにおける基幹技術とも言える積層型圧電セラミックツイーター「VST」(Vertical Support Tweeter)では、20kHz以上の高音は非常に高い直進性を持つため、ユニットの同軸化が必要だったが、MA910Sの開発において、ユニバーサルIEMタイプの筐体に使用するために同軸上から外れても高音が効率的に前方に伝わるセラミックツイーターが必要となった。

そこで、シンバルやオルゴールなどのように分割振動を有する「RST」を開発。ダイナミックドライバーからの音波を振動板に照射して振動を誘発するもので、管楽器に多く用いられている赤銅を基材とした振動板を採用。粒立ちの良い高音を得るため、その表面に独自の特殊なセラミックコートを施した。振動板の寸法や材質、支持方法により音質をコントロール出来る新発想のパッシブ型セラミックコートツイーターだという。

さらに、音響補正デバイス「HDSS」を搭載することで、小型の樹脂筐体では実現が難しかった広いサウンドステージも獲得。「ジャンルを選ばず心地よいリスニングタイプの音を奏でる一方で、eスポーツや映画鑑賞などのような空間認知/表現にも適したユニバーサルIEM」だという。

インピーダンスは16Ω、感度は100dB。再生周波数特性は20Hz~40KHz。

ケーブルにはシルバーコートOFCとOFCのハイブリッドケーブルを採用。音の分離感向上と優れた定位感を実現したとする。

イヤーピースには、シリコンゴムの軟度を僅かに下げたことで、優れたフィッティングと遮音性を実現するオリジナルイヤーピース「iSep01」を付属する。サイズはS/MS/M/L。ケーブル長1.2mで、入力端子は3.5mmの3極L字プラグ。本革コードリールやイヤーフックが付属する。

カラーはガーラルブルー(OTA-MA910S-BLU)、クリアーミント(OTA-MA910S-MNT)。

価格は11,000円。

Follow me!