AirPods Pro(第2世代)

Appleは、アクティブノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の第2世代モデルを、9月23日から発売する。9月9日よりオンラインおよびApple Storeアプリケーションで予約受付を開始。

新しい「H2チップ」を搭載。ノイズキャンセリング機能では、前世代の「AirPods Pro」と比べて、最大2倍の雑音を消すアクティブノイズキャンセリングを搭載する。

新設計のドライバーやアンプと連係し、「鮮明でクリアな高音と深みのある豊かな低音を極めて忠実に再現。すべてのサウンドをかつてないほどあざやかに響かせる」という。空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングにも対応。【AirPods Pro(第2世代)】の装着状態に合わせて出力を調整するアダプティブイコライゼーション機能も利用可能。

さらに、外部音取り込みモードも搭載。新たに「適応型環境音除去」機能を追加した。パワフルなH2チップにより、通過する車のサイレン、工事の音、コンサートでの大音量スピーカーなど、大きな周囲のノイズをオンデバイス処理で低減する。この低減処理は、毎秒48,000回測定して行なわれる。

タッチコントロールによって、軸部分を軽く上または下にスワイプして、素早く音量を調整できるようになった。

また、バッテリー駆動時間について、前世代から再生時間が1時間半長くなり、最大6時間の再生に対応(アクティブノイズキャンセリングをオンにした場合。空間オーディオを有効にした場合は5.5時間)。充電ケースを使って4回のフル充電を加えると、最大30時間の再生(アクティブノイズキャンセリングをオンにした場合)を楽しめる。

このほか、本体、および充電ケースはIPX4相当の耐汗・耐水性能を装備。充電ケースは新たなデザインを採用し、MagSafe充電器、Qi規格の充電マット、Lightningケーブルに加えて、Apple Watch充電器による充電も可能。

さらに、「正確な場所を見つける」機能により、「U1」搭載のiPhoneを使って、方向のガイドを確認しながら充電ケースを見つけられるという。充電ケースは内蔵スピーカーを備えており、より大きな音を出せるため、見つけるのがさらに簡単になった。ストラップホールも新たに備えた。

左右各サイズは21.8×24×30.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.3g。充電ケースのサイズは60.6×21.7×45.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は50.8g。

アップルオンラインでの価格は39,800円。

Follow me!