JBL ENDURANCE PEAK 3

ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドより、激しい動きでも外れにくいデザインによりスポーツシーンで活躍する完全ワイヤレスイヤホン【JBL ENDURANCE PEAK 3】を、9月16日に発売する。

スポーツシーンに特化した仕様と機能を揃えた「ENDURANCE(エンデュランス)」シリーズの最新モデル。

シリーズ最大の特徴である、JBL独自設計のイヤーフック型(耳掛け式)デザインを継承し、ランニングやワークアウトなど激しい動きでも外れにくさを実現。フック部分は前モデルと比べ、よりしなやかでフレキシブルな設計となり、個々の耳に合わせた形状調整がしやすいだけでなく、長時間の着用でも耳が痛くなりにくい仕様となった。しなやかさが増したことで、本体とフック部分がマグネットにより引き合うことで電源のオン/オフができる「パワーフック」機能も、さらに使用しやすくなったという。

そのほか、耳から抜け落ちにくい「ツイストロック構造」や人間工学に基づく研究から開発した「フレックスソフト」イヤーチップも引き続き採用し、しっかりとした装着感と高密閉性も確保している。

さらに、必要なときに外音を取り込める「アンビエントアウェア」機能を初搭載。近づく車の音などを確認でき、外でのトレーニングでも安全に使用できる。声の周波数のみ拾うことで付けたままでも快適に会話ができる「トークスルー」機能も搭載。その場の状況に応じて必要なモードに切り替えられることで「高い装着感と合わせ、トレーニング中の着脱ストレスを極限まで低減させた」とする。

オンラインレッスン時など、トレーナーとのやりとりに欠かせない通話性能では、左右合計4つのマイクでクリアな音声を拾うだけでなく、新たに搭載となった「ボイスアウェア」機能により、自分の声と周囲の音量を調整し、イヤホンを通して自分の声を聴くこともできるため、双方向に快適で質の高いコミュニケーションが可能となった。片耳で使用可能な「デュアルコネクト」機能により、片側をケースにしまったままでも、音楽再生や通話ができる。

イヤホン本体をなぞるだけで音楽再生など直感的な操作ができる「タッチコントロール」機能はそのままに、このモデルからJBL専用アプリ「JBL Headphones」に対応。フィット感や音質など、自分好みのイヤホンとしてパーソナライズできるようになった。

搭載ドライバー口径は10mm。Bluetooth 5.2準拠で、コーデックはSBCとAACをサポートする。連続再生時間はイヤホン単体約10時間、ケース併用で約50時間と、前モデルより20時間伸長している。約10分の充電で1時間使用できる急速充電にも対応。

Googleのペアリング技術「Google Fast Pair」対応で、Android端末の場合、初回に接続設定が完了すれば、以降はイヤホンを端末に近づけるだけで、画面に通知が現れ、それをタップするだけでペアリングが完了する。イヤホンはIP68の防水・防塵仕様の上、45度までの耐熱性能も追加された。

重さはイヤホン片側約12.5g(イヤーチップ、エンハンサー装着時)、ケースが約76g。充電用ケーブル(USB Type-C)、イヤーチップ3サイズ(S/M/L)などが付属する。カラーはブラック、ブルー、ホワイト、コーラルの4色。

価格はオープンプライスで、直販価格は15,400円。

Follow me!