TY-ANK1

東芝エルイートレーディングは、「Aurex」シリーズから、高出力ネオジウムスピーカーとBluetooth受信機能を搭載した、高音質ミニCDラジカセ【TY-ANK1】を9月上旬に発売する。

フェライト磁石の10倍の磁力を持つネオジウム磁石を採用したネオジウムスピーカーを搭載。従来のフェライトスピーカーに比べて入力への反応が早く、透明感のある音質となり、原音の再現性が向上したという。また、スピーカー振動板やセンターキャップなどの構造にも変更を加えることで、周波数特性を改善し、厚みのある音質に仕上げたとしている。

前面にカセットテープ部を設置し、テープ走行がよく見えるカセット窓を装備。目盛りが付いているのでテープの残量確認も行なえる。上部に配置した操作ボタンは大きめで押しやすいピアノスイッチを採用している。

CD再生はレジューム機能を搭載し、電源を切っても前回停止したところから続きを再生できる。

Bluetoothの受信再生にも対応。Bluetooth 5.0準拠でプロファイルはA2DP、AVRCPをサポート。実用最大出力は1.2W+1.2W。

ラジオの受信周波数はFMが76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)でワイドFM対応。AMが531~1,710kHz(9kHzステップ)。CDプレーヤー部はCD、CD-R/RWに対応。カセットテープレコーダー部の推奨テープはノーマルカセット60分以下。

AC電源と電池駆動(単2電池×6)に対応し、電池持続時間はラジオ受信で約48時間、テープ再生で約28時間、CD再生は約15時間。消費電力は9W。

サイズは228×205×110mm(幅×奥行き×高さ/突起物含まず)。重量は約1.5kg。電源コードなどが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11,000円前後。

CDプレーヤー部チャンネル数2チャンネルステレオ
サンプリング周波数44.1kHz
メディアCD、CD-R/RW(CD-DAフォーマットで記録された音楽ディスク)
カセットテープレコーダー部トラック方式4トラック、2チャンネルステレオ
録音方式DCバイアス録音
消去方式マグネット消去
早送り・巻き戻し時間約3分(C60)
推奨テープノーマルカセット60分以下
ラジオ部受信周波数FM:76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)
AM:531~1,710kHz(9kHzステップ)
Bluetooth®バージョンVer.5.0
対応プロファイルA2DP、AVRCP
見通し通信距離約10m
共通部電源AC100V 50/60Hz DC9V、単2形乾電池×6本(別売)
電池持続時間TOSHIBA 単2形アルカリ乾電池使用時
ラジオ受信時:約48時間 テープ再生時:約28時間 CD再生時:約15時間
スピーカーφ4cmコーン型×2
実用最大出力1.2W+1.2W
消費電力9W
最大外形寸法228(幅)×110(高さ)×205(奥行)mm(突起物含まず)
質量約1.5kg(乾電池、付属品含まず)
付属品電源コード、取扱説明書(保証書付き)

Follow me!