FoKus H-ANC

エミライは、アメリカに本拠を構える「Noble Audio」から、より良い“音質”を追求するために作られたNobleのコンセプトラインである「FoKusシリーズ」より、高性能ANC(アクティブノイズキャンセリング)を搭載した完全ワイヤレスイヤホン【FoKus H-ANC】を9月20日に発売する。

世界中から信頼を寄せられるグローバルサプライヤーであるKnowles社が開発したTWS用プラットフォームを”Wizard”ことジョン・モールトン博士が音質チューニングを施したワイヤレスイヤホン。

Knowlesが音楽リスニング用ドライバーとして新たに開発したRANバランスド・アーマチュア・ドライバーと、「FoKus PRO」に搭載されていたダイナミック・ドライバーよりも大口径のカスタム仕様のチタン・メンブレン複合素材を採用した10mmダイナミックドライバーを採用。

「RAN」BAドライバーは、補聴器向けドライバーとして開発される事が多かったBAドライバーを流用するのではなく、新たに音楽再生のための専用設計を念頭にKnowlesが開発した最新世代のドライバー。

アクティブノイズキャンセリングは、最大-40dBのノイズを抑制。電車の走行音や、歩行時の風切り音など、様々なノイズをキレイにカットできるという。

KnowlesのMEMSマイク開発力も活用。左右3個、計6個のKnowles製フィードフォワード/フィードバック用マイクを組み合わせたハイブリッド方式のANCで、電車の走行音や、歩行時に耳障りになる事の多い風切り音など、様々なノイズをカットできるとする。周囲の音を自然に取り込める外音取込機能も搭載する。Knowles製MEMSマイクは、オンライン会議などでも使用可能。

FoKus専用アプリを用意し、ユーザーの好みに操作をカスタマイズ可能。各帯域の聴力を測定して、一人ひとりに最適なリスニング体験をもたらす「パーソナルモード」も備えている。

水濡れを気にせず使えるIPX5防水性能を備え、雨の日の水はねや、スポーツの際に汗をかいても、故障の心配なく使えるという。

連続再生時間は約13時間(NC OFF時/NC ON時は約8.5時間)。充電ケースでヤホン本体の2.5回分の充電が可能で、トータルで約45時間分の音楽を楽しめる。

BluetoothはVersion5.2、マルチペアリング対応。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。対応コーデックはSBC、AAC。

カラーはブルーとパープルの2色。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は33,000円前後。

ドライバー数2基
ドライバー構成Knowles製 「RAN」 BAドライバー 、
チタン・メンブレン複合素材製10mm径ダイナミックドライバー
マイクKnowles製MEMSマイク 3機x2
Bluetooth仕様Version5.2、マルチペアリング対応
BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HSP、HFP
対応コーデックSBC、AAC
センサー方式タッチセンサー
通信距離約10m
本体バッテリー仕様85mAh リチウムポリマー充電池(内蔵式)
本体バッテリー連続再生時間約13時間(ANCオン時は約8.5時間)
本体バッテリー充電時間2時間
充電ケース仕様500mAh リチウムポリマー充電池(内蔵式)
充電ケース充電時間1.5-2時間
充電ケース連続使用回数2.5回本体充電可
付属品充電ケース /ポーチ /イヤーピース(ノーマル:S/M/L)/充電用USBケーブル /クイックスタートガイド

Follow me!