Sonos Sub Mini

Sonosは、サウンドバー「Beam」や「Ray」などと組み合わせて使える、円柱型のデザインを採用したコンパクトなワイヤレスサブウーファー【Sonos Sub Mini】を、10月6日に発売する。

サウンドバー「Sonos Beam」や「Sonos Ray」、スマートスピーカー「Sonos One」との組み合わせにおすすめというサブウーファー。サブウーファー「Sonos Sub」の設計をベースに、コンパクトな円柱型デザインを採用した。

密閉型のキャビネットに、カスタム設計された6インチ径のウーファーが向かい合うように2基設置されており、フォースキャンセリング効果を実現。高度なプロセッシングも合わせ、ノイズやガタつきのないダイナミックな低音域を再生する。独自の音響構造にあわせてチューニングされた2基のクラスDデジタルアンプも搭載する。再生周波数帯域は25Hz(最低)。

オーディオセッティング機能を搭載し、ペアリングするSonosスピーカーに合わせて自動で適したEQバランスに調節。Sonosアプリを使えば、低音、高音、ラウドネスの手動調整もできる。サウンドバーなどとは5GHz帯で無線接続されるため、ゲームや映画の遅延やドロップアウトには悩まされないという。ルーター接続用のWi-Fi、LAN端子も備える。

サウンドチューニング技術のTrueplayにも対応しており、設置された空間の音響特性を測定し、サウンドを高度にチューニングできる。Trueplayの利用には対応するiOSデバイスが必要となる。

有線接続には非対応。またSonos Subは最大2台までペアリングできるが、Sonos Sub Miniは最大1台までしかペアリングできない。

サイズは230×305mm(直径×高さ)、重さは6.35kg。カラーはマットブラックとホワイトの2色展開。

価格は64,800円。

Follow me!