Energy Station (MES-TR1000)

「小型充電式電池」として回収、リサイクル可能なサイズのバッテリーパックを取り外しできる、環境に配慮したポータブル電源【Energy Station(エナジーステーション) MES-TR1000】を、10月25日に発売する。

バッテリーパックは、「小型充電式電池」として回収、リサイクル可能なサイズ(約150m×140mm×95mm、突起部分含む)で取り外し可能。廃棄時に本体カバーを外して、内蔵されているバッテリーパックを、ユーザーが取り外せる設計とした。

内蔵されている4つのバッテリーパックは、「資源有効利用促進法」における小型充電式電池として、回収してリサイクルできる容量と大きさ、重さのものを採用。そのため、登録電気製品販売店やホームセンター、協力自治体の登録自治体施設などでの回収が可能。なお、バッテリーパックを取り外した後の、本体の廃棄は別途必要になる。

電池容量が1,000Wh(定格容量は1,075.2Wh)の、リン酸鉄リチウム電池を採用。従来モデル「MES-TR470」と比べて3倍の充放電サイクル、約3,000回を実現した。最大出力は1,000Wで、別売の専用ソーラーパネル「MES-SP100」からの充電にも対応する。

パススルー機能に対応し、本体を充電しながら、接続機器への給電が同時に行なえる。本体の充電と接続機器への給電が同時にできるのでUPS(無停電電源装置)としても使用できる。本体を充電しながら接続機器の給電を同時に行っている時に停電が起きても、瞬断なく給電を継続する。

3段階で明るさ調整できるLEDライト付きで、本体充電中に停電が起きると自動で点灯するため明かりがない場所でもすぐに見つけることができる。点灯後、ボタンを操作しない場合は、約1分経過後にLEDライトが自動消灯する。夜間のキャンプや停電時の照明がわりに活躍。

最大3台までのポータブル電源を連結できる(使用する機器は200W以下を推奨)。連結すると、より長時間、機器への給電が行なえる。

サイズは210×358×320mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約16kg。出力用に、AC100Vコンセントを2口、最大出力18WのQuick Charge(QC)対応のUSB Type-Aポート1口のほか、最大2.4AのUSB Type-Aポート5口、USB Type-Cポート1口を備える。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は218,000円。

Follow me!