AVR-X3800H

デノンは、9.4ch AVサラウンドレシーバー【AVR-X3800H】および7.2ch AVサラウンドレシーバー【AVR-X2800H】を10月下旬より、5.2ch AVサラウンドレシーバー【AVR-X580BT】を9月下旬より、発売する。

【AVR-X3800H】は6入力/3出力のうち6入力/2出力が、【AVR-X2800H】は6入力/2出力のうち3入力/2出力が、【AVR-X580BT】は4入力/1出力すべてが、最大40Gbpsの8K/60Hz、4K/120Hz映像信号のパススルーに対応。HDRは、HDR10、Dolby Vision、HLGに加えて、HDR10+、Dynamic HDRもサポートする。

また、テレビからのマルチチャンネルリニアPCM信号やDolby Atmos、DTS:Xなどのイマーシブオーディオ信号の入力を可能にするeARC(「AVR-X580BT」のみイマーシブオーディオに非対応)、さらに、ALLM(Auto Low Latency Mode)、VRR(Variable Refresh Rate)、QFT(Quick Frame Transport)といった最新の機能もサポートする。

【AVR-X3800H】はDolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに加えて、IMAX EnhancedおよびAuro-3Dに対応。9chのアンプを内蔵し、単体で4chのハイトスピーカーを含むサラウンドシステムを構築可能。さらに、11.4chまでのプロセッシングに対応しており、外部パワーアンプを追加すれば、最大6chのハイトスピーカーを使用できる。また、最大4台のサブウーハーを接続でき、それぞれのサブウーハーに近くのスピーカーの低域成分を割り当てられる。

価格は181,500円。

【AVR-X2800H】はDolby Atmos、DTS:XおよびMPEG-4 AACに対応。7chのアンプを内蔵し、2chのハイトスピーカーまたはサラウンドバックスピーカーを含むサラウンドシステムを構築できる。サブウーハーは2台まで接続可能。

価格は121,000円

【AVR-X580BT】はロスレスサラウンドフォーマットDolby TrueHDおよびDTS-HDに対応した、ホームシアターのエントリーモデル。サブウーハーは2台まで接続できる。

価格は58,300円。

Follow me!