LIVE GAMER EXTREAM 3 (GC551G2)

アバーメディア・テクノロジーズは、4K/60FPS/HDRやWQHD/120FPS/VRRのパススルーに対応するUSB外付け機器型ビデオキャプチャー【LIVE GAMER EXTREAM 3 (GC551G2)】を10月7日より発売する。

ゲーム中のシーンに合わせて自動的にリフレッシュレートが変更することで”コマ落ち”や”ちらつき”を防ぐVRR(可変リフレッシュレート)のパススルーに対応。また、4K/60fps、1,440p/120fpsとHDRのパススルーにも対応。録画は最大4K/30fps、1,440p/60fpsまで対応し、HDR録画は非対応。

入出力端子はHDMI入力とパススルー用のHDMI出力を装備。3.5mmオーディオ端子も入力と出力各1系統備えている。

Windows/Macに対応。Windows10/11搭載PCであればドライバのインストールが不要でUSB接続するだけですぐ利用できる。USB3.2 Gen1のUSB-C端子を採用し、録画画質の映像をPC画面上に超低遅延で表示できるという。

録画配信用ソフトにAVerMediaの「RECentral」を用意するほか、OBS Studio、Streamlabs、XSplitなどのソフトも利用可能。

なお、【LIVE GAMER EXTREAM 3 (GC551G2)】はハードウェアエンコーダを搭載していないので、キャプチャにはCPUもしくはGPUのパワーが必要になる。4K/30FPSなど高解像度/高フレームレートのビデオキャプチャを行う場合はGeForce RTX 3050やRadeon RX 6600など相応に高性能なGPUが必要になるという。

サイズは112.5×66.1×20.9mm(幅×奥行き×高さ/突起部含まず)。重量は約85g。USB-C to Aケーブル(1m)、HDMIケーブル(1.5m)などが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。

Follow me!