DAC-X6J+W

ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-より、ヘッドホンアンプ・プリアンプ機能を搭載し、Bluetoothを含む4系統のデジタル入力に対応したDAC「DAC-X6J+W」を、9月22日21時より直販サイトで販売する。9月27日より順次出荷予定。

洗練されたデザインと操作性に、ワイヤレス接続機能を加えた「DAC-Xシリーズ」の最上位モデル。「DAC-Xシリーズ」のコンセプトのみを引き継いで全く新しい設計で新規開発を行い、搭載IC・回路基板・デザイン・操作性を一新。

DACチップにはESS Technology製「ES9018K2M」を採用。全体的な回路構成もDACチップの特性を最大限に活かすよう設計することで、全帯域に渡って音の分離が良く高解像度かつクリアな音質を実現。

コンバーターICの高解像度でクリアな音質特性を活かすため、直後のシングルエンド変換回路のオペアンプには超低歪み、低ノイズ、高スルーレートのTexas Instruments製「LM4562」を採用している。

ヘッドホンアンプには音質・ドライブ能力ともに高い評価を得ているTexas Instruments製「TPA6120A2」を搭載。

入力はBluetooth 5.0、USB Type-B、光デジタル、同軸デジタルの4系統で、フロントのスイッチで入力切り替えができる。BluetoothチップはBluetooth 5.0規格に準拠したQualcomm製「QCC3008」を採用し、コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX LLをサポートする。USBレシーバーはC-Media製「CM6642」で、最大192kHz/24bitのUSB入力に対応した。

フロントパネルにはサンプリングインジケーターも設けられ、受信しているデータのサンプリングレートを一目で確認できる。また、ボリューム設定直後は自動的にボリュームインジケーターとなり、ボリューム設定状態が視覚的に確認可能。

出力はステレオRCAと、6.3mm標準ステレオヘッドホンジャック。

サイズは116×180×35mm(幅×奥行き×高さ、突起部を除く)、重さは450g。Bluetoothアンテナ、説明書が付属する。カラーはブラックとシルバー

価格は16,800円。

Follow me!