Fire TV Cube

Amazonは、高速処理を可能にするオクタコアプロセッサーを搭載し、よりスムーズで速い操作を実現した第3世代【Fire TV Cube】を発表した。予約受付を開始しており、出荷は10月27日を予定。

新たに2GHz駆動のオクタコアプロセッサを採用し、従来モデルから20%の高速化を実現したストリーミングデバイス。Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応し、安定した4Kストリーミングが楽しめるとする。また、入出力端子を追加したことで、Blu-ray/DVDレコーダやUSBストレージなどとの接続も可能となった。

4KやDolby Vision、HDR、Dolby Atmosに対応。超解像技術を新たにサポートし、HD画質のコンテンツを4Kにアップスケーリングして視聴できるようになった。

スピーカーの音質向上も図った。天面に音量調節ボタンなどを装備し、前面にステータスを確認できるLEDライトを備えている。

そのほか、Alexaを使った音声コントロールや、eARC/ARC(enhanced ARC/Audio Return Channel)にも対応。TVやTVと接続された機器の音声も出力できる。

さまざまなアプリや、約4,000ものAlexaスキルにアクセスできるほか、Amazon Prime Video、Netflix、YouTube、Disney+、Hulu、Paraviなどのストリーミングサービスを利用して、60万以上の映画やテレビ番組のエピソードを視聴可能。

筐体デザインを刷新し、Echoデバイスでもおなじみの高級感のあるファブリック仕様に変更した。

メモリは2GBで、ストレージは16GBを内蔵。

インターフェイスは、HDMI×2(入出力各1基)、USB、Ethernet、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、赤外線ポートなどを備える。

サイズは86×86×77mm(幅×奥行き×高さ)、重量は509.6g。

価格は19,980円。

Follow me!