JBL TUNE FLEX

ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドから、「オープン型」と「密閉型」を用途に合わせて選べる2ウェイ仕様のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン【JBL TUNE FLEX(チューンフレックス)】を10月7日に発売する。

2種類のイヤーチップの付け替えにより、「ながら聴き」ができる軽い装着感の「オープン型」と、遮音性が高く音楽に集中できる「密閉型」のJBL初の2ウェイ使用を可能にした完全ワイヤレスイヤホン。

「オープン型」の特徴は、長時間の使用でも軽い着け心地で圧迫感がなく周囲の音が聞き取りやすい形状。耳の形や大きさによってイヤホンが合わない人でも気軽に使用できる。また、中音域から高音域にかけて音の広がりが良くなり、爽やかな音質を楽しめるという。

「密閉型」は、フィット感に優れ遮音性が高く低音の迫力をダイレクトに味わえることが特徴。アクティブノイズキャンセリング機能と合わせて、周囲の騒音を気にせずに集中して音楽を楽しめるという。

イヤーピースは専用ケースに入れて持ち運べるため、出先でも気分に合わせて交換できる。

スケルトンデザインを採用。ケースなど透明部分の素材には、航空機の窓などにも使われているハイグレードポリカーボネートを使用しており、耐紫外線性が施されているため黄ばみや劣化の心配が極めて低く、高い衝撃強度と耐熱性も兼ね備えている。

専用アプリで、オープン型/密閉型、それぞれのスタイルに最適なサウンドに自動補正も可能。アプリではアクティブノイズキャンセリング機能の調整や、イコライザー設置も可能。Googleアシスタントの起動も可能。Google Fast Pairにも対応する。

外の音を取り込む「アンビエントアウェア」機能も搭載。突然の呼びかけや、装着したまま会話に参加できるトークスルー機能も用意。イヤホンを片側だけ使うデュアルコネクト機能も備えている。

左右合計4つのマイクを搭載。外出先での通話や、オンライン会議でもストレスのない相互コミュニケーションが可能という。

Bluetooth 5.2に準拠し、対応コーデックはSBC、AACをサポートする。

バッテリーはノイズキャンセルOFF時、イヤホン本体で8時間、ケース充電で約24時間、合計約32時間使用可能。10分の急速充電で2時間使用できる。イヤホン本体はIPX4相当の防水性能を備えている。

カラーはブラック、ホワイト。直販限定でパープルも10月下旬に発売する。

価格はオープンプライスで、直販価格は13,200円。

Follow me!