ウォールフィットテレビ LW1

パナソニックは、壁掛け設置ができる有機ELテレビ【ウォールフィットテレビ LW1】シリーズを、11月18日より発売する。ラインアップは、55V型2TB HDD内蔵モデル【TH-55LW1】と、55V型HDD別売モデル【TH-55LW1L】の2機種。

壁から画面までが約3.5cmと、壁と一体化したように壁掛けできる有機ELテレビ。ディスプレイとチューナー部を分離し、4K画質にも対応した無線接続を行うことで、ディスプレイへのアンテナ線接続が不要になり、ディスプレイを部屋のアンテナ端子位置に制約されずに設置できる。

また、テレビ台が不要で、部屋の好きな場所に掛けられるため、より暮らしやすい住空間を実現可能。テレビを壁掛けする時の大きな障壁になる設置作業では、新機構の専用金具を採用することで、より気軽にテレビを壁に掛けられるようになったという。付属の専用金具は、一般的な住宅に多く使用されている石こうボードの壁に細いピンのみで簡単に固定できる。

ディスプレイとチューナーはワイヤレスで接続。独自の4K無線伝送技術を使うことで、チューナーで受信した4K/2K放送番組や4Kネット動画の安定伝送を可能にした。

なお、無線伝送できるのは、チューナーで受信した4K/2K放送番組や録画した番組、動画配信サービス、写真・動画データなど。チューナー部にドライブやHDMI入力はないため、BDやゲーム機の映像などを伝送することはできない。

4K/3,840×2,160ドットの55型有機ELディスプレイ。映像本来の豊かな階調を忠実に描く「ヘキサクロマドライブ プラス」、AI技術活用のシーン認識アルゴリズムによる自動画質調整「オートAI画質」、4Kアップコン技術「素材解像度検出4Kファインリマスターエンジン」、SDR→HDR変換「AI HDRリマスター」などの各種映像機能も搭載。

4K120p入力、ALLM、VRRほか、AMD FreeSync Premiumをサポート。また60Hzのゲームコンテンツを60Hzのまま表示し、遅延量を抑える「等速駆動モード」やゲームプレイ時にフレームレートなどの情報が表示できる「ゲームコントロールボード」も備えた。

薄型化においては、奥行約3.1cmの厚さを実現するために、ボックス型スピーカーを廃止し、アクチュエーターで画面を振動させることで音を出す「画面振動スピーカー」を採用。一般的なBOX型スピーカーの音質に近づけられるように、独自の音声処理技術を用いている。

チューナーは、BS4K・110度CS4K×2、地上・BS・110度CS×3。録画機能では、【TH-55LW1】が内蔵の2TB HDDへ、【TH-55LW1L】が別売りのUSB HDDへ録画することが可能。2つの裏番組を同時に録画できるほか、4K長時間録画モードに対応する。

ネット動画サービスに対応。Disney+、Netflix、Amazon Prime Video、YouTube、Hulu、U-NEXT、ABEMA、TVerなどをサポート。4K/HDRの作品も楽しめる。

入出力端子は、ディスプレイ部がHDMI入力×2、USB×2、サブウーファ兼用ヘッドホン出力×1、チューナ部がHDMI出力×1、USB×2、LAN×1。ディスプレイ部のHDMIは、2系統とも4K120p入力をサポート。入力2のみ、eARC/ARCに対応する。

突起部を含むサイズ/重量は、ディスプレイが1227×3.1×706mm(幅×奥行き×高さ)/約12.5kg、【TH-55LW1】HDD内蔵チューナーが215×225×80mm(幅×奥行き×高さ)/約1.8kg、【TH-55LW1L】HDD別売チューナーが259×177×51mm(幅×奥行き×高さ)/約0.9kg。カラーはホワイト。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、【TH-55LW1】が37万円前後、【TH-55LW1L】が33万円前後。

Follow me!