ORION Bluetooth機能搭載 ステレオラジオカセット (SCR-B7)

ドウシシャは、ORIONブランドから、Bluetoothなどの最新機能を搭載しつつも、デザインは80年代に流行したフルサイズラジカセを彷彿とさせるステレオラジオカセット【ORION Bluetooth機能搭載 ステレオラジオカセット (SCR-B7)】を、クラウドファンディングサイトMakuakeで先行予約販売した。

1970~80年代を思わせるレトロな外観に、BluetoothやUSBメモリ/microSDによるMP3再生など多彩な再生機能・録音機能を備えたラジカセ。

7W+7W、総合14Wのデジタルアンプを搭載。12.5センチ+3センチのコーンツイーターを採用した2WAYステレオスピーカー構成を採用。低音、高音の独立音質コントロール機能や、低音を増幅する「BASS BOOST」も搭載する。

また、入力信号の大きさにあわせて点灯する「LED入力レベルメーター」も備え、外部接続したスマートフォンや接続機器の出力音量を調整する時にも使用可能。アンプの出力レベルにあわせて動く「VUメーター」も用意する。

2ヘッドのステレオカセットデッキも搭載。カセットテープに優しい、再生/録音/早送り/巻き戻しの最後で自動で止まる「フルオートストップメカ機能」も備えている。ラジオ、Bluetooth接続、USB、microSD、外部入力、内蔵マイクからカセットテープへの録音にも対応する。

Bluetooth送信機能も搭載。本体からスマートフォンの再生/一時停止/スキップがコントロールできるAVRCP機能も搭載する。ワイドFM対応のAM/FMチューナーも搭載。FM電波が弱いエリアに便利なモノラル受信機能も備えている。

USBメモリーやmicroSDに収録されたMP3の再生も可能。USBメモリー、microSDへMP3フォーマットで、ラジオやカセット、外部入力、内蔵マイクの音を録音する事もできる。

単1形乾電池6本またはAC電源でも動作する。アルカリ乾電池の場合、ラジオ受信時で約30時間、カセットテープ再生で約20時間が可能。

サイズは425×118×235mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は3kg。入出力端子は3.5mmステレオミニプラグ端子。

一般販売想定価格は19,800円。製品は、12月末までに届く予定。

Follow me!