ECB-2000MFG

カシオ計算機は、「EDIFICE」の新製品として、しげの秀一氏の漫画「頭文字D」「MFゴースト」のコラボモデル【ECB-2000MFG】を11月11日に発売する。

「頭文字D」は、峠の走り屋を題材にした漫画で、講談社の「ヤングマガジン」で1995年から2013年まで連載された。「MFゴースト」は、その後継作として2017年から「ヤングマガジン」で連載を開始し、2023年からテレビアニメが放送予定。

「頭文字D」「MFゴースト」で描かれるモータースポーツの世界観を表現。「MFゴースト」の主人公、カナタ・リヴィントンが乗る「TOYOTA 86GT」をモチーフに、赤と黒を基調としたデザイン。両作品に共通して使用されている擬音「ギャァア」が文字板・バンドの裏面に刻まれているほか、メタルの遊環にはドリフト走行時のタイヤ痕のデザインをレーザーで刻印している。さらに、「頭文字D」の主人公、藤原拓海が乗る「ハチロク(TOYOTA AE86)」に記された「藤原とうふ店(自家用)」の文字をバンド裏面に刻印するなど、随所にあしらっている。

ベースモデルは「ECB-2000」で、Bluetoothによるモバイルリンク機能やタフソーラー機能に加え、ストップウォッチやワールドタイム設定、アラーム機能などを搭載する。また、86GTのリヤサスペンションにも使われるダブルウィッシュボーン式サスペンションから着想を得た、4本のアーム状のラグデザインも特徴となっている。

価格は4万9500円。

(c)しげの秀一/講談社 (R)KODANSHA

Follow me!