Apple TV 4K(第3世代)

Appleは、A15 Bionicチップを搭載しHDR10+対応した【Apple TV 4K(第3世代)】を11月4日より販売する。Wi-Fi+EthernetモデルとWi-Fiモデルの2種類を用意。

SoCにA15 Bionicを採用し、動作速度は第2世代と比べてCPUが最大50%、GPUが最大30%向上したとしている。A15 Bionic採用で効率が向上したため、内部ファンが不要となり、筐体は一層コンパクトなデザインとなった。

Apple TV 4K(Wi-Fi)
Apple TV 4K(Wi-Fi + Ethernet)

新たにHDR10+やDolby Visionに対応しており、画質と音響の両面で品質の向上を図っている。Dolby Atmos、Dolby Digital 7.1または5.1のサラウンドサウンドで、臨場感あるホームシアター体験が楽しめる。

付属リモコン「Siri Remote」はデザインと機能は前世代と変わっていないが、充電端子がLightningからUSB-Cに変更された。このSiri Remoteは9,380円(税別)で単体販売されており、Apple TV 4K、Apple TV HD全世代で使用できる。

OSはtvOS 16。Siriのアップデートによって複数のユーザーの声を聞き分けて認識し、声をかけたユーザーに合わせたおすすめのコンテンツを表示するようになった。

ストレージはWi-Fi+Ethernetモデルが128GB、Wi-Fiモデルが64GB。

インターフェイスはHDMI 2.1、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0。Ethernet版はThread対応。

サイズは93×93×31mm(幅×奥行き×高さ)、重量はWi-Fi+Ethernetモデルが214g、Wi-Fiモデルが208g。

価格はWi-Fi+Ethernetモデルが2万3,800円、Wi-Fiモデルが1万9,800円。

Follow me!