Nothing Ear (stick)

英国のコンシューマー・テクノロジー・ブランドNothingは、最大29時間の再生時間、12.6mmのカスタムドライバー、快適なハーフインイヤー型のデザインを特徴とする完全ワイヤレスイヤホン【Nothing Ear (stick)】を、11月10日より発売する。10月29日11時より、Nothing公式サイト、Kith Tokyo、二子玉川 蔦屋家電にて、数量限定で先行販売が行われる。

究極の快適性を追求したハーフインイヤー型デザインの完全ワイヤレスイヤホン。耳への圧迫感を軽減し、自然で快適な装着感が得られるという。充電ケースは、リップスティックのシルエットにインスパイアされたコンパクトな円筒形のデザインとなっている。

また、1つのイヤーバッドがわずか4.4gと軽量で、1日中快適に装着することが可能という。

小型で快適な装着感ながらも、12.6mmのカスタムドライバーを搭載。豊かな深みとクリアな高音、忠実なディテールを実現している。

「Bass Lock Technology」を搭載し、スマートソフトウェアが、ユーザー固有の外耳道の形状やイヤーバッドの装着感を測定し、装着中に失われる低音の量を検知。イコライザーのカーブはユーザーにとって最適なレベルに自動でチューニングされ、常に迫力のある奥行きを実現するとのこと。

3つの高精細マイクが最新のアルゴリズムで動作し、周囲の大きなノイズをフィルタリングして、風切り音や人混みに負けずに通話ができるよう音声を増幅する「Clear Voice Technology」も搭載。

アンテナを顔から離して配置することで、電波の遮断を最小限に抑えた設計に変更。同社のスマートフォン「Phone (1)」でゲームをすると、自動的に低ラグモードに切り替わり、驚くほど正確なサウンドとグラフィックのマッチングを実現。また、Fast Pair[1]であらゆるAndroid端末と簡単に接続することができる。

高精度ジェスチャーを可能にするプレスコントロールは、それぞれのイヤーバッドに配置され、指が濡れていても機能する。再生、一時停止、曲のスキップ、音声アシストの起動、音量調整などをイヤーバッドのステムを押すだけで簡単に操作できる。

バッテリー駆動時間は、イヤホン単体で最大7時間、充電ケース併用で最大29時間。10分の充電でイヤホンは約2時間、ケースは約9時間使用できる。充電ポートはUSB Type-C。IP54の防水・防塵に対応。

サイズは18.8×18.4×29.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.4g。

価格は16,800円。

Follow me!