AT-SB2022

オーディオテクニカは、創業60周年記念モデルとして、サウンドバーガー【AT-SB2022】を、11月7日10時から同社公式オンラインストア限定で販売する。

40年の時を超えて、「レコードの楽しさとポータブルの利便性を追求した」という「サウンドバーガー(Sound Burger)」が復刻。復刻モデル【AT-SB2022】はスピーカーを内蔵しておらず、ライン出力とBluetooth送信機能を備え、BluetoothスピーカーやBluetoothヘッドホン、アクティブスピーカーと接続して利用する。1980年代の美学をモチーフにした、赤くレトロなデザインを採用した。

Bluetooth 5.2に対応で、Bluetooth対応のスピーカーやヘッドホンと接続して、手軽にレコードを楽しめる。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、対応コーデックはSBCをサポートする。

このほか、33/45回転に対応可能なベルトドライブ方式を採用。充電用のUSB-Type Cポートを装備し、使用可能時間は約12時間。ただし、充電用USB電源アダプターは付属しない。本体には、シリアルナンバーと60周年ロゴをレーザー刻印する。

サイズは100×290×70mm(幅×奥行き×高さ)、重量は900g。

価格は23,800円。

このほか、創業60周年記念モデルとして、MCカートリッジ【AT-MC2022】(2022年11月25日発売)、ヘッドホン【ATH-W2022】(2022年11月25日発売)、ワイヤレスヘッドホン【ATH-WB2022】(2023年1月20日発売)、ベルトドライブターンテーブル【AT-LP2022】(2022年12月16日発売)を一部販売店および同社公式オンラインストアでの限定販売する予定。

Follow me!