BLUETTI AC500+B300S

BLUETTI JAPANは、定格出力5,000Wのインバーターを内蔵する【BLUETTI AC500】と、拡張バッテリー【BLUETTI B300S】を組み合わせて使うポータブル電源【BLUETTI AC500+B300S】を、12月末に発売する。予約受付は11月25日から。

自宅でのバックアップ電源、非常用電源としてだけでなく、オフグリッドハウス、キャンピングカー、屋外パーティー、工事現場など、自宅だけには留まらず、屋外でも利用もできるポータブル電源。

非常用電源として、送電のない地域での家庭用電源として活躍。また、ソーラーパネルと組み合わせて使用することで電気代の節約もできるとする。

安全で信頼性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用。長期間の耐久性があり、充放電サイクルは3,500回以上。

【AC500】はモジュール式で、【B300S】および【B300】の拡張バッテリーと互換性があり、最大18,432Whの圧倒的な容量を実現する。

定格出力5,000W/瞬間最大出力10,000Wの出力に対応。ドライヤー、冷蔵庫、エアコン、コーヒーメーカーなど、ほぼすべての家電製品を使用することができる。

家庭用コンセント、ソーラー発電、発電機、鉛蓄電池からの充電に対応。AC(家庭用コンセント)とPV(ソーラー発電)のデュアル充電の場合は、最大入力が8,000Wに達し、最短1.5時間で容量3072Whの【B300S】をフル充電できるとする。なお【AC500】は、優れたMPPTソーラーインバーターを内蔵するため、最大3,000Wのソーラー入力が可能。

【AC500】のAC出力は3ポート、USBはType-Cが2ポート、Type-Aが4ポートを備える。DC出力(12V/24V)やワイヤレス充電(15W×2)にも対応。

【B300S】は、3,072Whの大容量バッテリー。【B300S】の出力ポートはUSB Type-CとType-A、DC(12V)を各1ポートを備える。

【AC500】は最大6台の【B300S】と接続でき、その場合の総容量は最大18,432Whとなる。【B300S】を2台以上組み合わせると、1台のポータブル電源で6,144Whの製品を製造するよりも小型になるという。制御部【AC500】とバッテリー【B300S】を分けることで、大容量でありつつ小型軽量化を実現。また、1台ごとのサイズが小さくなり軽くなるため、設置や移動が簡単に行なえる。さらに、必要に応じて電力容量を増設できる。

専用アプリで、電源のON/OFF、充電状態の確認、製品本体のファームウェアを最新版へ更新できる。

【BLUETTI AC500】のサイズは520×325×358mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは30kg。瞬間最大出力量は10,000W。

【BLUETTI B300S】のサイズは520×320×266mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは36.1kg。

価格は498,000円

Follow me!