C-80

ソニーは、ボーカルや楽器、ボイスコンテンツを自宅で録音し配信するクリエイター向けに、単一指向性コンデンサーマイクロホン【C-80】を12月9日に発売する。

ホームスタジオ向けのボーカル、ボイスコンテンツ制作用コンデンサーマイク。プロスタジオ用マイクとして定評のある「C-100」をベースに開発しており、ボーカル用マイクとして世界中のスタジオで愛用されている最上位機種「C-800G」と同じ素材を振動膜に使用。特に中低域が重要なボーカルやボイス、ギターやピアノなどのアコースティック楽器を豊かに再現。また、口元をマイクに近づける際に発生する過度な低音域を抑制し、安定した収音を実現する。

エアコンやPCのファンなど低域の雑音を抑えるローカットフィルターも備え、本体のスイッチでフラット/70Hzを切り替えられる。PADスイッチ(0dB/-10dB)も備えている。

マイクカプセルは、プロスタジオ用マイクとして定評のある「C-100」の20Hz~25kHz用の25mm径マイクカプセルを踏襲し、25mm径マイクカプセルを開発。拡がりのある高域と豊かな中低域を両立し、芯の通った、存在感のある集音を実現したとする。

単一指向性ながら、全指向性/両指向性のマイクと同じように、マイクカプセルの背面側にも振動膜を配置したデュアルダイアフラム構造を採用。一般的な単一指向性マイクに近づいて使用した際に低域が上昇してしまう“近接効果”を抑制する。

カプセル背面には、「音響移相回路」を採用することにより、表面から収音する音質のみならず、背面から収音する音質の調整も行い、単一指向性を実現。マイクカプセルの背面側にも振動膜を配置するデュアルダイアフラム構造により、「C-100」と同等レベルの近接効果抑制を実現。

「C-800G/C-100」から継承した「防鳴筐体構造」を採用し、ボディの鳴きを低減することで濁り音を排除し、クリアな音を実現。また、屋外からの騒音 、自宅内の機器などから発生する不要な低周波ノイズを抑制する ローカットフィルター、過大な入力音による歪みを最小限に抑えるパッドスイッチ機能も搭載。

出力端子はXLR-3-12Cタイプ。周波数特性は20Hz~20kHz。出力インピーダンスは90Ω±15%。正面感度は-30dB。最大入力音圧レベルは138dB SPL以上。固定雑音は12.5dB SPL以下。ダイナミックレンジは125.5dB以上。

サイズは約40×158mm(直径×高さ)。重量は約215g。クレードルサスペンション、キャリングケースなどが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後。

Follow me!