TE-Z1PNK

プレシードジャパンは、「AVIOT」ブランドから、平面磁気駆動型ドライバーを用いた新開発「コアキシャル2wayドライバー」構成を採用し、アニメ「PSYCHO-PASSサイコパス」3キャラクターのボイスガイダンスを搭載した特別モデルのフラグシップ完全ワイヤレスイヤホン【TE-Z1PNK】を12月16日に発売する。。ピエール中野が監修しているほか、ボイスガイダンスではアニメ「PSYCHO-PASSサイコパス」とコラボ。花澤⾹菜、⽇髙のり⼦、関智⼀のボイスが切り替えられる。

極限を追求した高音質設計と、ユーザビリティを両立させたフラッグシップとなる完全ワイヤレスイヤホン。音質とフィット感の向上を目指しカスタムIEM(イン・イヤー・モニター)にも多用される「積層造形技術」を採用したほか、金属ノズルの採用、ダイナミック型と平面磁気駆動型ドライバーを組み合わせた新開発「コアキシャル2wayドライバー」の搭載、LDACTM対応など、最上位モデルにふさわしい音質と使い心地を追求すると同時に、ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングも、PNKシリーズとして初搭載した。

フラッグシップモデルにふさわしい装着感と音響設計を両立するため、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)に多用され、義肢のような精密で複雑な形状を要求される製品にも採用される、積層造形技術を用いてイヤホン本体下部のシェルを造形。これによりハウジングの内部音響特性を最適化するとともに、最適なフィッティングを実現。

一般的な完全ワイヤレスイヤホンでは樹脂素材が使われることの多いノズル部分に、カスタムIEMでも使用される金属製のノズルを採用。高硬度・高比重・高精度な音道造形により、重心バランスの最適化と不要共振の低減を実現した。

スムースで低歪な特性を実現するため、オーバーヘッド型ヘッドホン「WA-Z1PNK」で採用した平面磁気駆動形の超薄型ドライバー技術を用い、専用設計のドライバーを新開発。トゥイーターとなる平面磁気駆動型ドライバーに加え、ウーファーとしてダイナミック型ドライバーを同軸上に配置することで、超薄型ドライバーの利点を生かし、振動面の差を2mmで配置、ドライバー間の位相差を極限まで低減した。この「コアキシャル2wayドライバー」構成により、低音から高音までスムースに繋がり、低歪で位相乱れの少ないレスポンスを実現という。

計4基のマイクを使⽤したハイブリッドANCも搭載。物理的に環境⾳をシャットアウトするパッシブノイズアイソレーションの組み合わせで、広帯域にわたりノイズを低減するという。さらに、ピエール中野とともに、⾳への影響を最⼩限に抑えるノイズキャンセリングのアルゴリズムを新開発し、今までにない⾃然なノイズキャンセリングの実現したとする。

ボイスガイダンスでは、アニメ「PSYCHO-PASSサイコパス」から、常守朱(CV.花澤⾹菜)ボイス、ドミネーター(CV.⽇髙のり⼦)ボイス、狡噛慎也(CV.関智⼀)ボイスを新規録り下ろし。ボイスは専用アプリ「AVIOT SOUND ME」で切り替えができる。

Bluetooth 5.2準拠で、コーデックはSBC、AAC、LDACをサポート。2デバイスのマルチポイントにも対応する。マルチペアリング登録可能デバイス数は8台。

最大連続再生時間はイヤホン単体で約7時間、チャージングケース併用で約18時間。本体充電時間は約1.5時間。充電ポートはUSB Type-C。防水レベルはIPX4相当。

USB-Cケーブル、シリコンイヤーピース(SS/S/M/L各サイズ1ペア)、ウレタンイヤーピース(S/M各サイズ1ペア)、セミハードケース、カラビナが付属する。

価格は39,600円。

Follow me!