WA-Z1PNK

プレシードジャパンは、「AVIOT」ブランドから、半開放型オーバーイヤーヘッドホン【WA-Z1PNK】を12月16日に発売する。

低歪で超高域まで伸びるレスポンスが特徴の、平面磁気駆動型ドライバーを採用した音質特化型モデル。ヘッドホンケーブルによる有線接続、Bluetoothによる無線接続、どちらも可能なため、ヘッドホンアンプ等と繋いでじっくり音楽を楽しむことも、スマートフォンやPCと繋いで気軽に楽しめる。

平面磁気駆動形ドライバー
一般的なダイナミックドライバー

ヘッドホンの⼼臓部とも⾔えるドライバーに、「平⾯磁気駆動型」ドライバーを採⽤。一般的なダイナミック型ドライバーは、振動板へ部分的な駆動力を与えて振動させていることに対し、平面駆動型ドライバーでは、振動板の全面に均一な磁気駆動力を与えることで音を再生している。これにより低音域から高音域までフラットで理想的な振動が得られ、低歪で位相乱れの少ないレスポンスを実現した。
従来の平面駆動型ヘッドホンが苦手としていた低音域の再生能力についても、内部音響チャンバーと半開放スリット型ハウジングによりエアフローを最適化し、一般的なダイナミック型ヘッドホンと遜色のない音圧レベルへ到達した。

DAC(Digital-Analog Converter)およびドライバーアンプをBluetoothオーディオシステムと切り離し、米国ESS Technology社製の専用ICチップを搭載。無線利用時にも回路残留ノイズの影響を低減し、S/Nおよびダイナミックレンジを向上。ハイレゾ音源の繊細で解像度の高い表現も楽しめるとする。

ワイヤレスに加え、付属の3.5mmケーブルによる有線接続にも対応。BluetoothコーデックはSBC、AACに加え、LDACにも対応する。マルチペアリングは8デバイス、マルチポイントは2デバイス。

ハウジングの素材には、高剛性アルミハウジングを採用。サラサラとした質感のマットブラックのカラーリングと、「PNK」ロゴ、金具にあしらったアクセントのゴールドパーツを施している。

デバイスとの接続や電源ON/OFFを知らせる全8種のボイスガイダンスには、声優・緒方恵美氏の録り下ろしボイスを採用した。

最大連続再生時間は約20時間で、充電時間は約5.5時間。充電ポートはUSB Typ-C。

ステレオ接続ケーブル、標準フォンプラグアダプタ、専用ケース、充電用USB Type -Cケーブル、ユーザーマニュアル、製品保証登録カードなどが付属する。

価格はオープンプライス。

Follow me!