LG OLED Flex (42LX3QPJA)

LGエレクトロニクス・ジャパンは、平面から最大900Rまで20段階で曲率調整が可能な42型有機ELテレビ【LG OLED Flex (42LX3QPJA)】を2023年1月18日に発売する。

フレキシブルな有機ELパネルを採用し、平面から最大曲率900Rまで20段階に湾曲可能な4平面から最大900Rまでまで20段階に湾曲可能な42型有機ELテレビ。バックライトのない有機ELテレビだからこそ実現したデザインで、画面の曲率や高さ、角度も画面サイズまで、自由に調整ができる。

平面から最大900Rの曲率まで20段階で曲率調整が可能。例えば、家族や仲間と楽しむときは、画面を平面にして視聴。画面から近距離でゲームを楽しむときは、最大曲率900Rで没入感を楽しむなど、視聴距離や設置場所、コンテンツにあわせて、最適な視聴環境で楽しめるとする。

視聴環境や姿勢にあわせて140mmの高さ調整ができる。チルト機能(前後角度調整)で前に10°、後ろに5°の傾斜調整が可能。さらに、表示サイズを32型/27型に変更したり、2画面並べるマルチビュー機能を備える。

「OLED evoテクノロジー」に搭載されたLG独自の映像エンジン「α9 Gen5 AI Processor 4K」と最先端の映像アルゴリズムとの組み合わせにより、従来の有機ELテレビに比べ、高輝度、高純度の色を再現。また、120Hz表示や応答速度0.1ms、自分のプレイ環境やゲームジャンルに合わせて画質・音質モードを自由に選択できる「ゲームオプティマイザ」、ヘッドセットなしでもボイスチャットが可能な「エコーキャンセリングマイク」、背面のLEDライティング機能、応答速度や画面サイズ等が一目で確認できる「ゲームダッシュボード」、「GeForce NOW」アプリ内蔵などゲーム機能を充実した。

テレビとPCを接続した際に、スタンド横面にあるスイッチングハブボタンで、テレビのUSBポートに接続したキーボードやマウス、テレビ内蔵マイクを、PCでも使用できるよう切換可能。

最大出力40W(フロント2個/20W、ウーファー2個/20W)のスピーカーを内蔵し、Dolby Atmosにも対応。AIサウンドプロによる音声調整機能、オートサウンドチューニングによる部屋に合わせた音場設定ができる。BluetoothやWiSA 2.1chにも対応した。

解像度は3,840×2,160ドットで、内蔵チューナーはBS4K/110度CS 4Kが2基、地上デジタルが3基、BS/110度CSが3基。webOSを内蔵し、Wi-Fi 6やBluetooth 5.0も対応。インターフェイスはHDMI 2.1×4、USB 2.0×3、Ethernet。

サイズは937×297×614~754mm、重量は22.6kg。消費電力は207Wで、年間消費電力量は141kWh/年。マジックリモコンやUSBケーブルなどが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は44万円前後。

Follow me!