MXT10

ディーアンドエムホールディングスは、米Polk Audioから、Monitor XTシリーズの小型サブウーファー【MXT10】を12月下旬に発売する。

Monitor XTシリーズに新たに追加される、25cm(10インチ)径のロングストローク・ウーファーとバスレフポートを底面に配置したサブウーファー。横幅302mmと、既発売の「MXT12」に対して約10cmスリム化されたキャビネットにより、設置場所の自由度が高められており、どんな部屋でも使いやすい。

25cmのドライバーを駆動するアンプにはクラスD方式を採用。定格出力50W、最大出力100W。人間の聴覚の限界に迫る24Hzまでの深い低音を再生するという。ローパスフィルターは40Hz~160Hz。

共振に強いMDF材を採用し、補強も施すことでキャビネットを高剛性化し、ダンピング。内部定在波の抑制により、エントリーグレードながら聴感上の色付けを最小限に抑えているという。

入力端子はアナログライン(ステレオ)。未使用時に自動的に電源をオフにするオートスタンバイ機能を備え、再度音声信号が入力されると、自動的に電源がオンになる。

サイズは302×421×400mm(幅×奥行き×高さ)。重量は10.4kg。消費電力は50W。カラーはマット・ブラック。

価格は44,000円。

Follow me!