KSC-SW12EQ

JVCケンウッドは、KENWOODブランドより、楽曲や気分に合わせて3種類の重低音を選べる新機能「ACTIVE EQ」を搭載した車載用サブウーファー【KSC-SW12EQ】を、12月6日に発売した。

3種類の重低音(HEAVY/FLAT/TIGHT)を楽曲のジャンルやドライブ中の気分に合わせて選んで楽しめる新機能「ACTIVE EQ」を搭載。

HEAVYボリューム感と、豊かで重みのある音質
FLAT基本の音質
TIGHTアタック感と厚みのある音質

本体構造も新設計し、従来モデル「KSC-SW11」と比べて内容積が106%、振動板サイズを114%にアップ。余裕があり、より深みのある重低音の再生を可能にしたという。エッジに微小な段差形状を採用した独自技術により、左右のぐらつきといった振動板の不要な動きを抑制。大音量でも歪みにくく、安定した音圧感のある重低音を楽しめる。

振動板サイズは200×130mmで再生周波数帯域は40Hz~200Hz(-15dB)、カットオフ周波数は50Hz~125Hz。クラスDアンプを搭載し最大出力は160W、出力音圧レベルは89dB。定格入力レベルとインピーダンスはRCA入力時20mV/22kΩ、スピーカー入力時0.4V/10kΩ。

サイズは280×200×70mm(幅×奥行き×高さ)、重さは2.6kg。10ピンコネクタ付コード(5m)、スピーカーコード(4.3m)、リモコン(付属コード5m)が付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22,000円前後。

KSC-SW12EQ
最大出力 160W
周波数特性40 Hz ~ 200 Hz、 −15 dB
出力音圧レベル89 dB
定格入力レベル/インピーダンスRCA 入力:20 mV / 22 k Ωスピーカー入力:0.4 V / 10 k Ω
消費電流5.9 A
動作電圧12 V DC バッテリー
イコライザー切換HEAVY、FLAT、TIGHT
カットオフ周波数50 Hz ~ 125 Hz
位相切換0°、180°
アンプ方式Class – D
振動板サイズ200mm × 130mm
外形寸法W280mm×H70mm×D200mm
本体質量2.6 kg
付属品10ピンコネクタ付コード(5.0m)、スピーカーコード(4.3m)、リモコン(付属コード5.0m)

Follow me!