FiiO FW5

エミライは、FiiO Electronicsから、DACとアンプを左右独立構成とした音質特化型完全ワイヤレスイヤホン【FW5】を12月16日に発売する。

TWSにおける音質を追求し、旭化成エレクトロニクス製のDAC/アンプ一体型チップ「AK4332 」を左右独立構成で搭載。完全ワイヤレスイヤホン製品ではBluetoothレシーバー、DAC、アンプがオールインワンとなったSoCを採用することが一般的だが、完全ワイヤレスイヤホンのために専用開発された「AK4332」は、SoCのDACに依存せずに音質追求を可能とするヘッドホンアンプ内蔵32bitモノラルポータブルオーディオDACチップ。

ハイエンドDACチップで採用されているVELVED SOUNDテクノロジーを採用し、DACチップでのSN比は最大109dB、THD+Nは-101dBという高い性能を持ちつつ、2.8mWという低消費電力も両立している。

Qualcomm製のフラッグシップBluetoothチップである「QCC5141」を採用し、Snapdragon Soundに対応する。SBCやAACなど、主要オーディオコーデックにも対応するだけでなく、24bit/96kHzのハイレゾ音源の再生に対応する高品位コーデックのLHDCとaptX Adaptiveに対応。自動的に遅延を抑えるGame Modeも備えている。

FiiOのフラッグシップ・ハイブリッドIEM「FH9」の開発で培ったノウハウを活用。高域用にKnowles製のバランスドアーマチュア(BA)ドライバーを2基。中・低域用にダイヤモンドライクカーボン(DLC)素材採用の10mmダイナミックドライバーを1基を採用した、2ウェイ3ドライバー構成。

ダイナミックドライバーはPUとDLCの複合素材の複合振動板。エッジ部分はPU素材の柔軟性と高いダンピング係数により大振幅への追従性を向上させ、ドーム部分はDLCの特徴である優れた剛性と高い内部損失により歪みを低減。

高音域の減衰を最小限にするため音導管の出口付近に設置されたKnowles製のBAドライバーにより、明瞭で空間表現に富んだ高域再生を実現。

音質劣化を最小限に止めるために、イヤホン本体に独立したボリューム調整機能を搭載。本体ボタンまたはアプリからの操作により、送信側のボリュームに依存せずに32段階の音量調節が可能。そのため、送出側の音量を最大に使うことが推奨されている。

片耳当たり2つ、左右合計で4つの物理ボタンを搭載。ボリュームや再生制御に加え、通話の操作やボイスアシスタント起動などもボタンで操作できる。

表面積の大きなフェイスプレートの裏側にFPCアンテナを搭載する事で、安定した送受信性能を追求。IPX4の防水性能も粗姉、ボタン部分には0.02mmの防水フィルムを配置。水の侵入を防ぐと共に、操作時のクリック感を向上させた。ノズルやマイク部分などの音に関わる開口部には、防水・透音性に優れたカスタムメッシュを採用している。

1度の満充電で合計約21時間(本体最大約7時間+充電ケース最大約14時間)の再生が可能。充電時間は約1時間40分。

デュアルマイク + cVcノイズキャンセリング機能により、マイク・ゲインをインテリジェントに調整。バックグラウンドノイズを抑制して、通話ができる。

FiiO製アプリ「FiiO Control App」に対応。ボリューム調整やゲームモードの切り替えなどが、アプリから操作できる。

FiiOが独自に開発した超薄型ソフトイヤーチップ「HS18」などが付属する。重量は、片側約6.4g。充電ケース込みの総重量は57.2g。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29,700円前後。

BluetoothチップQCC5141
DACチップAK4332(DACアンプ一体型)x2
ドライバー高域:Knowles製BAドライバー x2
中・低域:DLC/PU複合素材10mm径ダイナミックドライバー×1基
感度106dB/mW(@1kHz)
インピーダンス32Ω±20%(@1kHz)
周波数応答20Hz~20kHz
対応BluetoothコーデックSBC/AAC/aptX/aptX Adaptive/LHDC
Bluetoothバージョン5.2
使用時間本体:最大7時間
充電ケース:最大14時間
充電時間約1時間40分
ケース充電USB Type-C
重量FW5単体:片側約6.4g
充電ケース込みの総重量:57.2g
充電ケースサイズ約68.4×43.9×32.3mm
付属品標準シリコンイヤーチップS/M/L各1セット
HS18イヤーチップ各1セットS/M/L各1セット
USB Type-C充電ケーブル
クイックスタートガイド
保証書

Follow me!