BRIDGE CAST

ローランドは、高音質の聴きやすいサウンドで視聴者を引きつけるゲームのライブ配信を実現する、ゲーミング・オーディオミキサー【BRIDGE CAST】を、1月28日に発売する。

ローランド初のゲーム配信用途に特化したオーディオミキサー。USB Type-C端子を装備したパソコン(Windows/Mac)、モバイル端末と接続して使用できる。

ゲーム配信では、ストリーマー(配信者)本人が使うマイクの音声、ゲームの仲間とのボイスチャット、ゲームのサウンド、BGMなど、さまざまな音声が混在しているが、【BRIDGE CAST】ではそれぞれの音量バランスを聴きやすく調整することができる。

また、ストリーマー本人が聴きたい音と、視聴者にとって聴きやすい音を、それぞれ独立して調整できるデュアル・オーディオミキサー機能を搭載。ゲームに集中しながら、視聴者を楽しませるクオリティの高い配信を実現。

ダイナミックマイク/コンデンサーマイクを接続可能。高性能プリアンプが内蔵されているため、クリアでダイナミックなサウンドでゲームプレイ中の会話や実況を楽しめるとする。ノイズの少ないハイ・インピーダンスのヘッドホンを駆動できるヘッドホンアンプも搭載した。

また、音質を上げるのに役立つ、イコライザーやコンプレッサーなどの音声処理機能を装備。【BRIDGE CAST】に搭載されているハードウェアのDSPが音声処理を受け持つため、パソコンの負荷を軽減することができる。

筐体の操作パネルは、ゲームに集中している間でも素早く直感的に操作しやすい、人間工学に基づいたデザイン。安定感のある頑丈な設計で、接続端子はすべて背面に集約されているため、手元をスッキリとさせた状態でゲームに集中できるという。

ボイスチェンジャー機能も備える。長年にわたり評価の高いローランドの「VTシリーズ」の技術による高い性能で、ゲームで使用するキャラクターに合わせた声質を作りこむことができる。ピッチとフォルマントのパラメーター調整で、声の高さや太さを変えたり、猛獣やエイリアンのような声を作り出すこともできるとのこと。

ゲーム配信を盛り上げるBGMや効果音の演出も簡単に行なえる。専用のアプリ(Windows/macOS対応)を使用して、「Roland Cloud」に用意された数千種類の著作権フリーの楽曲、効果音などが利用できる。専用アプリと「Roland Cloud」の連携は5月に開始予定。

そのほか専用アプリでは、マイクとオーディオのパラメーターやGAME EQプリセットの変更など、多数の機能の詳細な設定が可能。同社ホームページで提供されるテンプレートデータを活用して、オリジナルデザインのシートを作成すれば、BRIDGE CASTの操作パネルを、好みのデザインにカスタマイズできる。4つの操作つまみを囲むLEDのカラーも変更可能。

サイズは222×110×70mm(幅×奥行き×高さ)、重さは450g。USB 2.0 Type-C to Type-C Cable(2m)、USB 2.0 Type-C to Type-A Cable(2m)が付属する。

価格はオープンプライス。店頭予想価格は33,000円前後。

Follow me!