DCD-1700NE

デノンは、スーパーオーディオCDプレーヤー【DCD-1700NE】を、1月下旬に発売する。

デノンのHi-Fiオーディオ製品の中核をなすミドルクラスのスーパーオーディオCD対応ディスクプレーヤー。2016年11月発売の「DCD-1600NE」の後継に位置づけられる。

フラッグシップSACDプレーヤー「DCD-SX1 LIMITED EDITION」と同様にサウンドマスターである山内慎一氏が、音質に関わるパーツを徹底的に吟味し、クラスを超えた高音質パーツを贅沢に使用したサウンドチューニングを施すことにより、そのパフォーマンスを飛躍的に向上させたという。

ディスクドライブは、自社開発のドライブ・メカニズム「Advanced S.V.H. Mechanism」の最新世代を搭載。また、デノン独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を採用する。CD再生の場合、44.1kHz/16bitのPCM信号を705.6kHz/32 bitへとアップサンプリング&ビット拡張処理し、本来のアナログ波形を再現することで、歪みのない繊細な描写、正確な音の定位、豊かな低域など、原音に忠実な再生を実現するという。

さらに、アナログオーディオ出力回路に使用される最高級のPPSC-Xコンデンサーを始め、グレードアップされたオペアンプやカーボン被膜抵抗、メルフ抵抗、導電性高分子コンデンサーなどの高品位なパーツを随所に用いることで、圧倒的な高解像度とどこまでも広がるサウンドステージを両立する「Vivid & Spacious」なデノンサウンドを実現したとする。

出力端子はアナログRCA、同軸デジタル、光デジタルを各1系統装備。アナログ出力端子と同軸デジタル出力端子は金メッキ仕上げ。

サイズは434×384×135mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9kg。消費電力は24W。カラーはプレミアムシルバー。

価格は198,000円。

Follow me!